<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
布団から出られぬ

こんばんは。1年女子漕手の塚田真帆です。

入部から早半年が経って、合宿も終わり新人期間の集大成である新人戦まであと一週間足らず。なんだか感慨深いものがあります。とはいえ実感はわきません。初めてのレースで右も左も分からない状態ですが、今まで頑張ってきたことを出すべく、出来ることを全力で頑張ります!!

 

最近ダブルで改めて感じているのは仲間の大切さです。

良い時も悪い時もお互いに指摘しあったりテンションを上げあったりすることで、辛いレースを持ち堪えるのみならずお互いに向上出来るのかなと思います。同期の他のクルーも声を出しながら漕いでる様子は真剣でかっこいいものだと思いました。

 

仲間と聞いて最も身近なのはやはり女子漕手。

ということで1年女子漕手の率直な他己紹介をしたいと思います。

 

K下:

同じダブルのクルー。

一見ちゃらくて怖い人かなと思ったがすぐ恐るるに足らないやつだと気付いた。

コミュ力おばけの愛すべきばか。

 

I島:

大好き。

人見知りだし心を開くのに時間がかかるが、打ち解けると最高。眉毛のレンジが広くディズニーキャラクターみたいな顔芸が得意。

 

Kい:

アホの子。

基本的に遊んでるか寝てるかの2択。

胃袋のキャパシティも広い。

 

A本:cox

ひねくれてるけど斜に構えきれない可愛い人

(メンタル弱め)

弱点→優しい言葉をかけられるとすぐ泣く。

 

 

以上、中々個性の強いメンバーですが、彼女たちといる時間は本当に楽しくて楽しくて仕方がないです。

お互い全てをさらけ出した者同士切磋琢磨で向上していければ良いなと思います!

 

おやすみなさい。

モンブラン食べたい。

さて、今日はなんの日だか知っていますか??

 

…答えはそう、「なんでもない日」です。

(調べたところリサイクルの日、頭髪の日らしいのですが、私たちに直接影響を及ぼさないのでここではスルーさせていただきます…。

あと今日はきっと誰かの誕生日ですね!誰かおめでとうございます!)

ごちゃごちゃ言いながら無理やり今日をなんでもない日にしたわけですが、なんでもないってある意味幸せなことだなぁって思います。もちろん記念日の方が休みになったり、誰かを祝って幸せになったり、祝ってもらって嬉しくなったりと特別なことはあるかもしれません。

ですが、今日みたいに何事もなく艇庫でみんなとお話しして、女子棟では誰かが歌ってて、それをいつのまにか自分が口ずさんでて…。このようなことが突如できなくなってしまうことなどを考えると、とてもありがたい日常ですね!

 

毎日いい意味で「なんでもない」日が続くといいなと思いました!

 

P.S.「不思議の国のアリス」のティーパーティの場面で、あのおじさんたちが「なんでーもない日乾杯!なんでーもない日乾杯!♪」と歌っているのでぜひ見てみてください笑

 

3年H組MG

岡村彩香

ローソンのスイーツ半額セール完売してて悲しみ

MVを作っています。終わりはないのでよくわかりませんがたぶん7割ぐらい完成ってところです!Macユーザーじゃないから使い方よくわからん!って感じなのですが、ここ1週間ぐらいで少しだけMacBookを使いこなせるようになったので前よりかは作業効率が上がりました!疲れてきたらSDカードに入っている昔の写真を見てノスタルジーに浸ってます。イチオシはちょうど1年前の黒髪真次です。屈託のない笑顔がかわいいです。去年同期がレースデビューしてからもう1年かと思うと、まだ2年生ですがボート部生活もあっという間に終わってしまう気がしてきます。去年は何も分からず不安を感じながら漕いでいたことと思いますが、今年は自信をもってレースに臨むかっこいい同期の姿を見たいです!!!1年生も初めてのレースを楽しんでほしいです!レース後にみんなの笑顔が見れたら嬉しいです!

最近弱気な発言を耳にしがちですが、応援している人がたくさんいることを忘れずに、最後まで勝ちにこだわってほしいです。そして新人戦でみんなが納得いくレースができて、これまでの努力を肯定出来たらいいなと思います!!わたしたちの作るMVが少しでもその助けになれば何よりです!!

あと1週間!残りわずかですが、やれることは全力でやっていきましょう!

 

2S 長谷川奈々子

 

 

 

ドラフト

今日はプロ野球のドラフト会議がありました。僕の大好きな中日は3球団競合の末に高校ナンバーワンの野手石川君を獲得することができました!!!佐々木君や奥川君など沢山のスター選手がドラフト1位で指名されていく中で、支配下登録もされない育成枠で獲得される選手もたくさんいます。一位で指名されると言うことはアマチュアの中で12番目以内に期待されてることを意味します。それに対して育成枠の選手は大体80、90番目くらいに期待されていることを意味します。一位指名された選手がそのままプロでも活躍することも多いですが、千賀や甲斐のように育成から日本を代表するバッテリーにのし上がった選手もいます。ボートもやはり体格が大きい人が活躍しやすい競技であり、体格が小さいと強そうに見えないかもしれません。だとしても小さくてもきっと千賀や甲斐のようにのし上がって他大の大きい人たちに勝てるはずです。僕とけいすけは170無いコンビのダブルですが良い意味で期待を裏切ってメダルを勝ち取りたいです!! 

2年S組木伏健

またカラオケ行こうね

お疲れ様です!

台風によって上がったポンドの水位もだいぶ下がって、昨日の午後から乗艇ができるようになりました。本当に本当によかったです。

 

今私は同期女子漕手4人と一緒のクルーに乗っています。1年半、一緒にタフな練習に取り組み続け、刺激を与えられ、練習のない時間もたくさんの時間を一緒に過ごしてたくさん笑ってきた人たちとクルーを作り上げるのは、とても楽しいです。なにか問題にぶつかっても、みんなで考えて解決していくのもやりがいみたいなものを感じます。

 

さて、そんな4人が漕ぐ船の進む方向を操ってくれるCOXとして、1年生が乗ってくれています。クルーミーテをした後に、クルーミーテで出てきた言葉などについて教えてほしい、と聞かれることがあります。トップエントリーとは何か、シートトップとはどんなことを指すのか、前や後ろを狙うとはどういうことか、、、、、、

 

こう聞かれる中で、私自身、そういう理解にこだわれていたか、と思うと、去年漕ぎ始めた時に比べてなあなあな理解のままで終えることが増えたような気がします。

 

ボートで強くなるためには、たくさんこだわらなきゃいけないなと思います。1つ1つの言葉を説明できるくらい理解する、ほんの数cmでもレンジを長く取れるようにする、タイムのコンマ何秒を少しでも縮める、など。しかも、こだわりには終わりはないから、こだわり続けなきゃいけない。同時に色々狙えるタイプではないけど、残りの2年間、自分なりにこだわり続けたいです。

 

なんだか言いたいことがまとまっていませんが、許してください。

とりあえず、あと2週間もない新人戦前の期間、小さなことにもこだわっていこうと思います!

 

 

2年S組岩田瑞季

 

 

無駄

 台風凄かったですね。こんにちは。1年男子漕手の荒木泰佑です。

 

 前回初めてのデイズ、しかも1年のなかで1番最初の担当だったため、デイズの勝手が分からなくてめちゃくちゃ堅い文体でクソ真面目なことを書いてしまいましたが、今回もまあまあ真面目なことを書いていきたいと思います。

 

 話は僕の小学校時代(特に小6の時)まで遡りますが、僕はこの時期、いじめに遭っていました(具体的にどういった目に遭っていたかということに関しては、それを思い出そうとするとリアルに気分悪くなってくるので、ここでは割愛させてください)。そして僕は真剣に自殺を考えるほど精神的に追い詰められていました。何としてもこの状況から抜け出したいという一心で必死に勉強し、何とか中学受験をクリアし、僕をいじめていた人達とは別の学校に通えるようになって以降も、激しい被害妄想やフラッシュバックに随分と苦しめられました(今でこそほとんど問題ないですが)。僕は自分をいじめていた人達はもちろんですが、こういった目に遭わなければいけなかった自分の運命をそれ以上にずっと恨んでいましたし、あれさえなければどれほどか自分の人生はマシだっただろうか、と思っていました。

 

 しかし最近、あの地獄のような日々は必ずしも自分にとって害でしかないというわけではなく、むしろあれがあったからこそ今の自分がいるのではないか、と前向きに捉えられるようになってきました。それは、あの日々を経て、自分のなかに「周囲を見返したい」などといった何か燃やすものが出来上がったからではないかと考えています。仮にそういったものが自分に無かったとしたら、中高6年間、あれほど厳しい部活を最後まで続けることも無かっただろうし、受験生時代、特に浪人時代、あれほど勉強にエネルギーを注ぐことも無かったと思います。それどころか、もう僕はこの世にいなかったかもしれません。

 

 以上、長々と自分の生い立ちのようなことを書いてきましたが、このことを通して今自分が思っているのは、どんなに苦い経験であってもそれはきっとどこかで自分のエネルギーになってくれるのだから、それは決して「無駄」ではなく、そうであるならば、人生において「無駄」など存在しないのではないか、ということです。

 

 なんか最後偉そうなこと言ってすいません。失礼します。

カーテンを開けたら空の明るさにびっくりしました。台風一過!

お疲れ様です!1年マネージャーの森川古都です。

 

台風すごかったですね、、みなさん大丈夫でしたか??艇庫に残った方たちはいろいろと大変だったみたいですが、無事で本当によかったです!

 

私はというと、暇すぎてどうしたらいいかわかりませんでした。心配性の母によってぎゅうぎゅうになった冷蔵庫を30分おきに開けては何かを口に入れ、アマゾンプライムのウォッチリストに入っている映画を「本当におもしろいのか、、?」と観るのをためらう作業を繰り返しておりました。あとはPCでジグソーパズルです。Microsoft Jigsaw中毒です。恐ろしい。

 

 

さあ、どうしたらよいものか、もう書くネタがありません。実は3日くらい前からちゃんと考えていました。私は中央大学のマネージャーさんのブログが好きなので、インカレの時に部のTwitterにあげようと撮った写真たちをそれっぽく紹介していこうかなと。まあまあ面白く書ける自信がありました。若森のデイズがあがるのを待つ余裕もありました。

しかし!いざ書こうとすると、写真の載せ方がわからないのです。ああこれは終わった、本当に書くことがない。

 

 

 

ということで、突然ですが、アマゾンプライムで観れる映画、ドラマのレビューを勝手に書いていきます。ぜひ参考にして観てください!笑 

 

 

・映画  坂道のアポロン

美男美女すぎます。特に小松菜奈ちゃん可愛すぎます。青春すぎます。幼馴染って素敵!ジャズって素敵!クリスマスって素敵!ってなります。

 

・映画  ピースオブケイク

うーーーん期待しなかったら多分面白い、、ファンの方いたらごめんなさい、、でも木村文乃がめっちゃめちゃ可愛いのでよしとします。

 

・映画  今夜、ロマンス劇場で

美男美女すぎます(2回目)。圧倒的映像美。画がきれい。内容も面白かったです。心が浄化されます。

 

・ドラマ  民王

永遠に推しです。同期にもたくさんおすすめしました(おそらく誰も観てない)。本当に面白いからぜひ観てほしい、、!エンディングのmiwaの曲で踊る遠藤憲一が可愛いです。スピンオフもたくさんあるのでほんとに誰か観てください( ;∀;)

 

 

…以上です!語彙力が乏しくて大変申し訳ありません。お付き合いいただきありがとうございました!

 

 

最後に!

同期のレースデビューは2週間後となってしまいましたが、今までの大会よりワクワク感や緊張感がすごいです。初めてのデイズに、同期が大会で漕ぐ姿を早く見たい、と書きました。もうみんなの番か、、と不思議な気持ちでいっぱいです。

選考後は、怪我をしたり、事故があったり、溶連菌が流行ったり、体調を崩したり、特に大変だったと思います。あと台風が来たりね。でもそれぞれが自分たちなりに気持ちを整理して頑張る姿を見て、私も頑張ろうと思えています。

 

再来週、みんなが楽しんで漕げますように、実力を出しきれますように、これからの自信へとつながりますように!

 

家にいると食べてばっかり

こんにちは。一年漕手の若森雄基です。

台風が迫っていますが、艇庫に残った人が無事避難できたと聞いてひとまず安心しました。残らなかった皆さんも安全でいられること、一刻も早く練習再開できることを心から願います。

 

  さて、全日本新人も残り2週間となりました。クルーを組んだ段階からその個々人の我の強さなどから同期に先行きを不安視された自分たちですが、ここ数日は、そんなに悪くない雰囲気で乗艇できている気がします?

良くも悪くも素直な9人で、調子が悪い時は旋回中も皆ムスッとして、黙り込んでしまい、調子が良くなると、やたらニヤニヤしたり、声出し始めたり、まあ単純でかわいい奴らだなって思って暖かく見守っていただければ幸いです。実力も、経験も、技術も足りてない自分たちですが、元気だけは、負けてはいけないと思い、ポンドで一番元気で声のデカい艇でありたいと思いました。心理テストで、実は協調性満点の自分がクルーの和をとってやるぐらいの気持ちで残りの練習と新人戦に臨みたいと思います。

大きく、強く、元気良く!あとやじろべえをモットーに頑張ります!

AppleMusicで聴けるASMR募集

今シーズンから管理統制部(以下まるかん)ヒラを務めます3年C組磯谷一希です。

 

恥ずかしながら、私は先月まるかんとしての初陣であるインカレ後大掃除の日に大寝坊をしでかしました。そのうえ二日酔いでロクに統率も取れず、特に一年生の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます。

猛省とともに、今後は掃除チェックを誰よりも率先して行うことを誓います。男子漕手の皆様、どうぞ日頃から私めを存分にを引きずり回し使い倒してくださいませ。

 

 

 

掃除チェックといえば、「インカレ期間中も掃除はあるんだな」とインカレ終わってみてしみじみ思った。

 

私たちにとってシーズンの総決算といえるインカレ。一日目も(二日目も)三日目も最終日も、全身全霊で漕ぎぬく。

死力を尽くして死ぬ気でやる死ぬほどキツい2000m、けれどレースの夜にも掃除はある。

「今日のレースで磯谷くんの心臓が止まりました。代わりに古田くん風呂掃除お願いします。」とはならない。

つまりボートやエルゴは競技の範疇でどんなに追い込んでも死ねない。当然、艇庫生活は死を前提にしていない。

そんなことを3年生になってやっと気付いた。

 

 

私は高校のころ、試合中に首が折れて死にたいと思っていた時期があった。

ただでさえ死亡事故や大怪我の多い競技ではあるが、私は渾身のタックルで相手のエースを止め、それと同時に首が180度回転してラガーマンとして名誉の死を遂げ、苦しい練習やメンバー選考の螺旋から抜け出したいと夢見ていた。

雑兵の大将首を取らんと欲せば先ず己が首を差し出すべし(糞雑漢文)

そこまでいかなくても、自己犠牲の精神や我が身を顧みない勇気が尊ばれる世界だった。

 

仰々しい言葉を並べたが、実際のところ私は身も心もモヤシなので「ひぇ〜早く引退した〜い」とも思っていた。

そのころから『試合に対する覚悟』が『死に対する恐怖緊張』とごっちゃになってわからなくなっていた。

心理テストで自己実現意欲とか闘志は高いのに、落ち着きやメンタルが超弱いのはそのせいだろう。メンタル係の皆様いつもスコア低くて申し訳ありません。

 

 

 

話がこんがらがってしまいました。結局何が言いたいのかというと

「『死に対する恐怖緊張』はレースやエルゴには不要である。なぜならそのあと掃除があるからである。」

ということです。当たり前のことを長々とすいません。

私は緊張しまくるタイプなので、今後はこのスタンスでいこうと思います。レース後のオフに予定入れまくります。

死ぬほど緊張するレースでも、死ぬほど悔しい結果でも、優勝しても。そのあと掃除はあるし日常は続いていく。だからこそ後先考えず大胆にやってみよう。

その日常の一部になれたら、ガミガミ掃除チェックおじさん冥利に尽きます。

 

白雪姫が好きだった話。

小さい頃、白雪姫が好きでした。それは白雪姫のドレスと、小人たちが可愛いと思ったからです。

けれども、白雪姫を見て、違う感じ方をする人がいるかもしれません。白雪姫は美しいから王子様に助けてもらえた?小人たちなんているわけがない?

教訓を万人に植え付けることが目的ではなくて、可愛いとか、面白いとか、この話好きだなあとか、何らかの感情を読者に抱かせることがフィクション、特に童話の目的だと思います。

 

事実とは別の次元に位置する、感情というものはとても重要です。例えば、富士山頂で初日の出を見るとします。事実だけで言えば、登山は疲れるし、気温は低いし、日の出は一瞬。でも、富士山頂まで登れたという達成感は大きいし、そこで見た日の出はこの上なく綺麗だと思えるでしょう。

感情が理解できなければ、言葉を意見、もしくは情報としか捉えられなくなってしまいます。その場合、言葉の解釈に善意よりも悪意を見出しがちになります。例えば、「頑張って幸せになりました」という言葉に対して、「幸せじゃない人は頑張っていないというのか」といった見当違いな返答をしてしまうように。

 

つらい、悔しい、悲しい、きつい、けど、楽しい、面白い、嬉しい。この部活はたくさんの感情を経験できます。これほどまでに、一喜一憂できる場所は、なかなかないと思います。感情を経験した人は、善意的にフィクションや言葉を解釈することを自然と身につけます。

 

最後に、

大学の先生が以前私に聞きました。どうしてボートを漕ぐのか、と。漕いだ先に何を目指すのか、と。

たしかにボートは体力的にもきついし練習時間も取られるのは事実です。でもその事実を超えた、楽しいという感情があります。また、たくさんの感情を経験できるこの部活はきっとこの先の人生を豊かにするに違いないと信じています。

だから、私は漕ぐことによって、優しい人になりたい。

 

3年C組小泉彩香