<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
潜潜話(秋の味覚編)

お疲れ様です!一年女マネの小久保遥香です。マネの仕事も慣れてきて、もう新人気分じゃいられない!という思いでいっぱいです。核が欲しいです。

 

 

さて、東日本新人まであと4日、全日本新人まであと三週間となりました。

同期にとっては初めての大会になるわけですが、とんでもなくきついメニューをこなして、素人目にも分かるくらい

めきめきと技術的・精神的に成長しているみんなを見ることができて、尊敬が止まりません。

 

新人期がもうすぐ終わろうとしていることを意識するようになってから、

「早く乗艇したいなー!」って言いながら陸トレをやっていた姿とか、

初めてインしてすっごいうれしそうにしていた姿とか、ふとした時に思い出します。

そこから数か月、毎日毎日頑張ってきたみんなは本当にかっこいいです。そして、みんなの3週間は無限の可能性を秘めてるなあと思います。お前誰やねんって感じですが。

 

 

さてさて、今私はチーズスイーツ専門店でバイトしているのですがもうそろそろ限界です!もうなーーーんにも考えないで

〜〜濃厚なチーズ〜〜おいしいチーズ〜〜さっぱりとしたチーズ〜〜ゴルゴンゾーラ〜〜チェダーチーズ〜〜って何時間も人混みに向かって叫び続けること早5か月、私は限界を感じております!

絶賛新しいバイトを探しております。女子部のえりなたん(初めてよんだ)も同じバ先で同じように悶絶してるので我々におすすめのバイト教えてください。この場を借りて失礼します。

贅沢は言わないです。雰囲気がよくて自由平等博愛そのものがお店を運営しているような感じで、汚物処理と人混みでの呼び込みがなくて、林遣都にそっくりの店長と宮脇咲良そっくりのバイトリーダーがいるお店をご存じの方がいたらご一報ください。

 

 

 

遠くから見るとキラキラしてみえるものも近づくにつれてキラキラが失われて当たり前になってしまう事ありますよね。

なんだかすごく寂しいので、近すぎず遠すぎず、出会った時のキラキラを忘れないように努力することが大切だなあと思うし、すごく難しいなあと思います。前の段落との矛盾がすごい、バイトどうにかなれ!どうにかなってください!

 

長々と失礼しました!

 

 

この記事を読んだあなたには幸福が訪れます。

こんにちは。2年C組の金森です。暑くて死にそうです。相模湖合宿所ではカブトムシとクワガタを見つけました。久しぶりにムシキングがやりたくなりました。昔めっちゃやってたのに強さ200をとうとう引かないままやめてしまいました。ムシキングは諦めてもボートは諦めたくないです(適当)。人間が一番頭がよく働く温度は25度らしいので、それより高いのでペンが全く進みません。ここで終わります。

HUBCの一員として

今日がDays新人紹介最終日ということもあり、同期の顔を思い浮かべながら読んでいると笑顔がこぼれるとともに胸が熱くなる。

 

自分も含めて、一橋大学合格前からこのボート部の存在を知っていた人や体育会に大学生活を捧げる覚悟を持って入学した人は少ない。それにも関わらず、ボート部を選んで、過酷ともいえる練習の数々をこなしている同期の姿には心を打たれるし、自分もそんな熱い心の持ち主であることを嬉しくそして誇らしく思う。確かに、戸田ボートレース場を1周する5.5kmの道のり(通称ポン1)の残り1kmの場面や、エルゴ終了後3分間の絶望的な疲労の真っ只中で、「自分はなぜこんなことをしているのだろうか」という疑問がわいてくるが、またその数分後か数時間後には練習をしたくてうずうずしているか、実際に息を上げながら練習をしているのである。それが自分たちであると、勝手に自負している。

 

松田 健太郎というのが自分の名前で、宮城県仙台市で19年間を過ごし、1年間の浪人期間を経て一橋大学に合格した。浪人という贅沢な選択をさせてくれた両親には頭が上がらないし、顔を思い浮かべると泣きそうである。そろそろ帰りたい。ボート部に出会ったのは3月10日の入学説明会で、ボート部員として初めて認識した方が、多大なる尊敬の念を抱いている大木先輩である。そして長谷川奈々子先輩を含めたボート部員の方々に新歓をしていただき、4月22日の10代最後の日に旅籠屋で入部を宣言した。宣言のために立ったときには、なぜか涙で視界が不良であったが、進みだした方向は間違っていないと確信しつつある。

 

少々長くなってしまったが、4年間の目標は、お世話になった先輩方やマネージャーの首にメダルを掛けることと、日本一になることだ。

サムスはコミュ弱

商学部1年、ボート部漕手の屋葺弘(やぶきひろむ)です。

今日が人生初のdaysで内心ドキドキしています!!

1-4コンパでキャラが崩壊する前に書いてしまいたいと思います。

他の同期のdaysを見る限り、面白い系と真面目系に分かれているように思うので、今回のdaysは序盤を面白い系勝手に自分でハードルあげてる)、後半を真面目な内容にしようと思います。なので、お好きな方だけ読んでくださっても構いませんし、両方読んでくださっても構いません。あまり面と向かって言えないようなことも書こうと思うので、また別のやぶきを知ってもらえたら幸いです。

ぶっちゃけ読み直してみてかなり長いなと感じたので、飽きちゃったらごめんなさい。

 

本日のアジェンダ

•コミ弱だった過去(面白い)

•ボート部に入った理由(真面目)

 

コミ弱だった過去

一橋大学に入り直してからよく思うことがあり、それは「やぶきってコミュ力高いね!」と同じ一橋の人だけでなく、マイナビのキャリアゼミであった人や明治の時の友達などから結構言われることです。言われるたびに、「そんなことないよー」と返すのですが、これは自分なりにコミュ力と向き合ってきた結果なのかなとも思っています。その理由について今回はお話しできたらなと思います。

 

知っている人は多いかと思いますが、自分は昨年明治大学というところに籍を置いていました。9月に仮面浪人を決意して、一橋を受け直すことを決めると同時に、受験料や入学金などを稼ぐ必要性があり、10月からキュービックという会社で長期のインターンを始めました。そのインターン先では、自分が入社したタイミングで、CCPC(Cuebic Career Pre College)というインターン新人研修が始まり、自分はその試作品第1号として研修を受けることになりました。第1号ということもあり、そのあとジョインした自分よりも学年が上の人に色々教えなければならなかったのですが、年上の人にある種上から何かを教えるという立場にどのようなスタンスで向き合えばいいのか分からず、どもったりあたふたしてしまう場面が多くありました。その結果、研修後のディビジョン長との面談で、「屋葺くんは仕事のスキルなどはかなり優秀だけど、正直コミュニケーション能力がかなり不安なので、チームに溶け込めるかが心配」と言われるくらい酷い評価をうけることになりました。

 

つまり、ここまでで言いたいのはやぶきはコミュ弱だと言うことです。

 

実際に、インターン先のチームでもコミュ弱であるがゆえにあまり深い人間関係を気づくことはできませんでした。

前期試験を終えて、慶應に行くだろうと思っていた自分はコミュ力を上げることが緊急の課題であると認識しました。それからインターン先ではマネージャークラスの人からインターンまで色々な人と積極的にランチをするようにしたり、3月からたくさんの新歓に参加したりする中でコミュ力が上がってきたのかなと思います。

 

ここのセクションで自分が一番言いたいのはやぶきは元はコミュ弱なので、艇庫生活に入ったらコミュ弱を発揮する可能性が大いにあるということです。この点をみなさんの頭の中に入れておいていただけると幸いです。

 

 

ボート部に入った理由

正直、他の同期と同様ボート部の存在を知ったのは合格発表後でした。ボート部の存在はそこで知ったものの、正直新歓でタダ飯を食べれるくらいにしか考えていませんでした。というのも、長期インターンをしているうちにコンサルタントになりたいという思いが生まれ、大学生活中にメガベンチャーなどでの長期のインターンを通して、事業会社での業務経験をたくさん積むことがコンサルタントとしての自分の将来にとって圧倒的にプラスになると、入学前にOB訪問をしている中で気がついたからです。

そんな時に、大塩さんという仮面浪人でお茶の水女子大に入学され、外資コンサルなど様々な企業から内定をもらい、最終的に特例で副業を認めてくれた東京ガスに入社した方にお会いして話す機会がありました。その方に東京ガスに入った理由を聞いたとき、自分の中で何かが切れたのがわかりました。というのも、コンサルや他の会社だと自分の将来が大体予想できるが、東京ガスという一般的に保守的な企業の新規事業部に入社した後の未来がわからなくて、そのワクワク感から入社したとおっしゃていたからです。

大塩さんの話を聞いて、自分の将来は大体予想可能であり、ちょっとつまらないなと感じました。だって、大学生活をファーストキャリアとみなしてしまったら、高い生産性と結果を求め続けられる生活がこれから一生続いてしまうことを意味するからです。

そう考えた時に、ボート部での4年間は自分の中では全く先が読めないものでした。実際に、自分は中学高校では学生団体やイベント団体など課外活動中心の生活を送っていたため、本気で部活動に取り組んだことがなかったからです。

だから、先を読むことができないワクワク感から少しづつボート部に興味を持ち始めました。

 

その後、石井先輩、高崎さん、梯さん、黒尚さんなどいろいろな先輩方のお話を聞いているうちに、ボート部での四年間を通して自分の限界を超えた自分を知ることができるのではないか、つまりまだ見ぬ自分に出会えるのではないかと考えるようになりました。

それで少し時期的には早かったですが、入部するという意思決定をしました。

 

実際に、一ヶ月後生き残っているビジョンを描くことができないくらい練習はきついですが、一歩一歩着実に進んでいるという実感はあります。

話は少しそれますが、そんなにきつい練習でも頑張れるのはやっぱり同期がいるからなのかなって思います(今までの人とめっちゃ被っててすみません)

同じ帰宅部出身で互いに励まし合う仲のたかおみくんは本当に戦友です。

後、たまに和崎君にはきれられますが、ボート部の中だと本当に自然体の自分で居られるような気がしています。

そんな素晴らしい同期に囲まれて日本一を目指すことができるのは本当に幸せなことだと感じています。

 

 

 

最後にすごいありふれた言葉になりますが、現時点でボート部に入ってよかったと本当に思います。

まだまだ先は見えませんが、自分なりに全力でボートと向き合っていきたいと思っています。

 

今日はこれくらいで失礼します。

P.S 同期の皆さん本当にいつもありがとう!

房総からはるばる

 はじめまして。法学部1年の大山真太郎です。千葉県の市原市に住んでます。大学には実家から二時間半かけて通ってます。はい。もう一回言います。実家から二時間半かけて通ってます。はあ。自分でも馬鹿馬鹿しく思ってます。一応、千葉県民特有の「チーバくんの○○に住んでる!」って奴をやらせてもらうとチーバくんの胸部辺りに住んでいます。内輪ネタすみません。

 

 正直、一橋大学に入るまで自分の住んでるところが田舎だと思われている(勿論千葉県は田舎だという認識は正しいです)とは思ってもいませんでした。すぐ隣は千葉市だから都会チックな雰囲気を感じられるし、なんなら一応住んでる所にはショッピングモールがあるから買い物も楽にできたので何不自由感じていませんでした。けど大学に入った途端、猛烈な田舎叩きに遭いました(こう言うとなんだかイジメられているようにみえますがそうではないので安心してください)。合格発表からまもなく参加したボーリングコンパでは先輩・同期ともに、
「千葉県民の主食がイナゴだってのは本当?」違います。
「市原ってマザー牧場あるよね!」ありません。あるのはゾウの国だけです。
「青春18きっぷ使って来てるの!?」これは本当。
こんなことばっかり言われて素直に萎えました。けど、おかげで今まで目を背けてきた現実、千葉県は田舎であるという認識にしっかりと向き合うことができるようになりました。

 

 っていう本当にどうでもいい千葉県=田舎説の話はさておき、本題の「何でボート部に入ったの?」っていう話をしたいと思います。合格発表を見に行くまでhubcの存在は全く知りませんでした。その日先輩たちに勧誘された時も、
「楽しそうだけど日本一目指すとかワロタ(流石に少し盛ってます。本当です。許してください)」
程度にしか思ってなくて、友人に話した時も、
「大学で体育会とか」
「そんなガリガリでやれるわけよ」
そう言うやつもいました。僕自身も頭の片隅に置いておく程度にしか思っていませんでした。なんせ高校三年間サッカー部でほとんど公式戦に出られなかったので、もう部活はこりごり、彼女作ってパリピサークル生活でも送ろうとしか思ってませんでした。

 

 けど、4月に入ってからもどういう訳か新歓で行ったのはボート部だけでした。いや、本当に惹かれた団体がボート部だけでした。
「艇庫に入れる費用がたったの2万!?」
「国立までたった1時間!?」
っていうのも理由に入ってますが、本当に惹かれた理由は雰囲気とボートの楽しさでした。先輩たちは入るかもわからない僕に優しく接してくれて(新歓期特有の優しさとかは考えないでください。まあ、それをおいても本当に今も面白く優しく接してしてもらってます。ありがとうございます!)、同期も一見いい加減な奴らかと思いきや面白くて熱い志を持った奴らばっかでした。それに、試乗会でボートに乗った時に感じた爽快感が忘れられませんでした。ボートは人生で体験できるかどうかわからない競技。ここで出会えなかったら二度とできない。

 

 とまあ、長々と書いてしまいましたがこんな感じです。本当はまだ書きたいことも多くありますが、実はこのブログ授業中に書いております。しかも、まだ次の授業の宿題が終わってないのでそっちを進めなければ(PACEやねん)。稚拙な文章しか書けなくて申し訳ないです。まだ部活が始まってから1か月半程度ですがエイト目指して頑張ります!応援よろしくお願いします!

まあ令和だし

こんにちは。

新3年マネージャーの実吉真希です。

 

長い長い春休みも終わり、もうすぐ春学期の授業がスタートします。私たちは毎日学校に通わなければいけません。自分が大学生なことをしばらく忘れて生きていたので少し憂鬱ですが、春の国立はとても好きです。歩いてるだけでお花見済むので…

 

最近のボート部はもっぱら新勧一色です!私も楽しいし、私以外の部員もみんな楽しそうに見えます。たぶんボート部はただ新勧をしているんじゃなくて一人一人が本当に入部してほしい、ボート部の仲間になってほしいって思ってるからこんなに温かいんだと思います。っていうのは昨日の中華コンパで主将の演説?を聞いて思ったことでした。一方で新勧期ってボート部以外の他団体の魅力にも改めて気付ける機会ですよね、平和な新勧期になるといいなあ

 

ここだけの話やばい書くの忘れてたってなって今バイト中にバックヤードで書いてます。なので大した文章は書けませんでした!!新社会人の先輩方は本当におめでとうございます!新しい環境でも頑張ってください!!

 

p.s.なんか毎日追い詰められてるような顔してるので、たまには息抜きしながら頑張ってねー!@大木

 

3分11秒

JUGEMテーマ:日記・一般

 

二回連続で原因不明の削除に見舞われ、大きな虚無感に襲われています。

学連でもいじられキャラが定着してしまいました学連幹事の岡野です。

 

数日前に超大真面目なデイズを書いたのですが、それは最後に次の引退間際に取っておくべきではないのか、と何となく感じたので

今回は二年前に学連の先輩がやってた他大の紹介を軽くします。学連員のイメージで完全に決めているので悪しからず。

中央から対岸に回っていく感じで紹介します。

 

中央…隠れ変態多め。ボートや就活にはストイックな感じ。オタクが多いらしい。

 

成城…意外な経歴を持つ人間が多い気がする。謎が多め。

 

成蹊…クールな感じの人が多い気がするけど、知り合いあまりいないので正直不明。

 

一橋…マネ部屋にいる人間だけで判断されるので、本気度の高い変態が多いと勘違いされがちだが多分そんなことない。

   人種、というか人間のるつぼ。

 

明治…めっちゃ怒鳴ってる人多いイメージあるけど、普通に話したらいい人ばっかり。

   勝負ごとに一番熱心だからかもしれない。

 

東経…陽キャの塊魂。ストーリーが活発。

 

法政…仕事めっちゃテキパキする。意外と真面目オブザ戸田かも。

 

学習院…水路作業大好きマンの巣窟。

 

東大…オープンな変態がわんさかいる。今の学連にいる人は少なくとも変態。

 

海洋…陽キャが意外といる。普通の大学とはまた違うので、またこれが面白い。

 

立教…元々僕が行くはずだった場所。女子が性格いい人多め。

 

東工…癖が凄すぎて僕からは説明できません!

 

外語…真面目オブザ戸田候補◆主務の方しかわからん。

 

日大…ボートに真面目か不真面目なのかいまだにわからん。変態はたくさんいる。

   今のコックスから聞いたけど、僕の知名度めちゃ高いらしい。

 

慶應…一番一橋に似てる。飲み会やった方が良いのでは。

   かまちょは多めだよ。

 

早稲田…意外と話す人がいないし、いかないので正直分からないが、変態は確実に多い。

 

書きながら、もっと他大の友達増やさないとなあと感じました。

 

次回にちゃんとした真面目なデイズを書きます。以上です

   

ログインIDが違います。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

皆さんお疲れ様です。1年C組の金森創と申します。daysに半日以上ログインしようとしてようやく成功致しました。テスト死亡して、絶望の中daysを書いております。白十字でモンブランを食べて現実から逃げています。なにか年末年始の思い出でも書こうかと思ったら熱で何も無いし、かと言ってなにか日常生活に関して長々とかけるほど有意義に毎日を過ごしてないし、それを面白く書く文才もないので、どうしよっかなーと思ったんですが。まあ1年たちましたし、同期にたいして一言ずつ書いていこうかなと思います。みんな怒んないでね。

 

河原 

スタバで働いててギャルだね

竹林 

インスタがギャルだね

なみちゃん 

ディズニー年越しなんてギャルだね

長谷川さん 

なんかギャルだね

内田さん 

不純異性交遊は良くないと思います

優しさが足りない

おだゆう

微積出ろ

半澤

ლ('꒪д꒪')ლΣ(゚д゚lll)Σ(●ꉺ▱ꉺ●)(´・ω・`)

おべ

もうおにぎり洗濯しないでね

安齋

人生はきっと左じゃなくて右肩上がりだから安心してね

青木

オレジュー買いだめ症候群が治ってよかった

真次

顔がうるさい。シィーッ🤫

あべけん

もうそろ気付きなさい。君は独身です。

和嶋

綺麗好きなあなたにお願い!!ベットの周り掃除してね♡

服部

ない。

丸山

そのイキリを弾き語れ(無理)

峯岸

朗報待ってます

池田

最近押しが足りないと思います。押しに押して押しまくるのが吉です。

小池

諦めたらそこで試合終了でs(ry

りょう

おかえりなさいませ

多喜

最近寝坊がなくてつまらないです。ステイインザベットプリーズ。

木伏

見るからに寒そうな格好するのやめてください。見てるこっちが激寒い。

崎山

ダイナミックストレッチ俺も大好き。

まいまい

最近テレビでよく見かけます。

松井

安齋君の廃棄貪るのやめてください。俺も食べたいです。

アヤ

普通にピース負けそうで閉口

岩田

鳥のお世話お疲れ様です。

 

 

なんだこれ。

 

未完

こんにちは。今年度の代表幹事を務めさせていただく3年C組商学部の村田航輝です。

 

OB・OGの皆様方には昨年度、四神会幹事として様々な面で関わらせていただき、至らない私を助けてくださりありがとうございました。

皆様方が四神会費納入にご協力していただいたおかげで無事今年も端艇部は活動することができます。誠にありがとうございます。

また現役部員も再三のご協力ありがとうございました。

これからもご迷惑をおかけするとは思いますが、精一杯やらせていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます。

 

さて、新体制が発足しまだ1週間も経たないですが、同期がすでに最高学年として部を引っ張っている姿を見ると頼もしく感じるとともに自分も最高学年として部全体を今まで以上に見渡し、引っ張って行かなければとひしひしと感じております。

 

去年は四神会幹事という代表幹事の下積みのような役職であったため、困ったら代表幹事始めとする先輩達に頼っていました。

なのでアビームと交渉を進めたり、主務として繋がりを作る意味で学連に顔を出したりと好き勝手に行動できましたが、今年は自分がその役目を担うと思うと強い責任を感じます。

同時に私自身まだ未熟者ではありますが、代表幹事としてより部に直接働きかけられる点とより多くの部員のやりたいをサポートできる点で楽しみでもあります。

 

最後に、今年こそは入部当初から夢見ていた日本一を自分が漕いで達成することはできないけれども、マネージャーとして日本一を達成するためにこの部に必要なことを考え実践してHUBC史にインカレエイト優勝の記録を創り出します。

 

肉寿司

こんばんは!

今年も新人強化合宿が始まりました。いつも明るくてパワフルな1年生たちに対して私は端っこの方でひっそりと地味に生きてます。

 

今回2年生女マネとして相模湖にやって来て、自分にとって"先輩"でしかなかった立場がついに自分自身になって、いかに去年の私が周りの見えない人間だったのか少し分かったような気がします。とにかく目の前の仕事を覚えることに精一杯で先輩方にあまり目を向けられていませんでした。今になって初めて大変だと分かることが沢山あります。でも、今になって初めて楽しいって分かることも沢山あります!だから、来年の今頃彼女たちが私と同じように楽しい気持ちを味わえていると信じて、残りのシフトも一緒に成長しながら楽しみます!

 

私は1週間で帰っちゃうけど、あやかと力を合わせて出来る限りのことをやります、そして谷田とビンゴにバトンタッチ!ばたさん元気かなー!

 

2年MG 実吉真希