<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2年間のゼミがUTS12×2だとすると、まだ1セットめがおわったところかよー!!!!!!絶望 | main | 2020年にディズニーランドに美女と野獣エリアができます! >>
地道に

 軽量級までたった3週間。まだ出場クルーが確定していないので、クルーで追い込めるのはテーパリング期を除いてせいぜい2週間。短い。残されたワークが少ないからこそ、毎ストロークを大切にしていきたい。

 

 かつて通っていた学習塾にこんな掲示があった。

 

 1.01^365=37.8

   0.99^365=0.03

 

 他の人よりプラスαの努力を1年間続けた人と、反対に少しずつサボリ続けた人。二人のその差は1日ではたった0.02だが、1年後には残酷な差になって表れる。

 学習塾の掲示だが、これは勉強だけではなくボートにも通じるよな、と思う。強い人になるには、人と同じことをしていてもだめで、何か工夫してみることが大切だ。例えばUTのメニューで、指定の距離にプラスしてクールダウンでノーワークで1km漕ぐことを習慣化する。あるいは乗艇後に腹筋やスタビを必ず続けてみる。他の人より入念にストレッチをしてみる。などなど。

 

 地道な努力を厭わずに、コツコツとやっていきましょー!

 久富

スポンサーサイト
貴重なコメントありがとうございますm(__)m
身体的な限界を越えて本来のハードトレーニングを十分に積めない、なんてことになったら本末転倒ですよね。
量だけ追加しても惰性になっては全く意味がないので質も重要ですよね。
久富 | 2017/05/08 15:23
良い着眼点ですね。
あえて、受験勉強とスポーツにおけるハードトレーニングの違いを挙げるとすれば、身体には意思と関係なく疲労が蓄積しますので、量的な努力には限界があるというところでしょうか。
取り組みの差は質的な努力から生まれるのかもしれません。
頑張って下さい。
応援しています!
若手OB | 2017/05/07 23:25
COMMENT