<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ガリガリ君 | main | イチブトゼンブ >>
今日は絶対勝ってね
 

こんにちは、3年MGの百田です。

 

偶然だったり呼ばれたりで私が新歓期に抱えてた悩みと同じような悩みを抱えている子と話す機会が最近多いです。

 

私は入学式の後の小さい女子会イベントに行き、そこで会った先輩の人柄に惹かれて真剣に話を聞いて女子マネージャーを考え始めました。大きい体育会なのにいい意味でイケイケすぎず、でも本気で日本一で狙っているという熱い部全体の雰囲気もすぐに好きになって、ここに入りたい!と思いました。留学に行きたい欲はあまりなく、親も好きなことやりなさいって感じだったので新入生の女の子がよく悩むポイントはあっさりクリア。ただネックだったのがすでに始めてしまっていたバイトでした。ちょっと特殊で融通が他に比べて効きにくいバイトで、両立できるのかが唯一の不安でした。先輩に悩みを打ち明けると、「バイトなんてたかがバイトでほんとにどうにでもなるから自分がやりたいことをやりな!もしバイト辞めにくいんだったらお兄ちゃんのふりして一緒に辞めさせてくださいって言いに行ってあげる!」というようなことを言ってくださったのです。一緒に一週間のスケジュールを組むのまでやっていただきました。まだ会って日が浅いのにこんなに真剣に一緒になって考えてくれて、本当に両立できるかはわからないけれど信頼できる人がいるからもう入っちゃおう!と思い入部しました。こんな感じでボート部に入りましたがここで得た経験・人の繋がりは何事にも代え難く全く後悔してないし、一応バイトは今も続けてます。新歓してくださった先輩方に感謝の気持ちでいっぱいです!

 

今何か懸念点や周りからの反対で踏み切れずにいる新入生へ。他の障害を一回全部フリーにして自分が何をやりたいのかだけを考えてみてください。その時に「ボート漕ぎたい!」「ボート部いいな!」と少しでも思うならその気持ちに素直になるべきです。他の障害が理由でボート部に入る可能性を消してしまうのが一番もったいない。一緒に日本一を目指したいから、ボート部いいなってせっかく思ってくれてる子の障害を取り除くためなら私も姉のふりだってなんだってする覚悟です。この2年で色々な経験をし、その都度考えてきたので、それを踏まえ今度は私がそんな新入生を掬ってあげたいです。

悩みを全部解決してから次の行動に移るのもいいけど、とりあえず飛び込んでから解決していくのでも意外となんとかなるもんだと思いますよ☺ 

 

P.S. これを読んでくださってるかわかりませんが、大阪と愛知にいらっしゃる先輩方、東京に戻って来られたらまた集まりたいです!私にボート部の魅力を教えてくださって本当にありがとうございました(^-^)


 


iPhoneから送信
スポンサーサイト
COMMENT