<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 藻 大量発生 | main | crewのスペルがわからなくて手間取ったボーイ >>
ユリゴコロ

商東戦お疲れ様です。3年舵手小野友太郎です。

僕は、狭いところや、部屋の端っこが好きです。なので、トップコックスの狭いところや、今のマネ部屋の端っこの机にいるととても安心します。僕は、機械や乗り物などが好きで、機械をいじったり、乗り物を眺めて、幾何学的な何かを感じるのが好きです。僕は、生まれつき変わっています。変わっているので人に理解してもらうのに時間がかかります。

 「経歴」をもつということは、いろいろな利便性があると僕は考えています。例えば、組織の中のAさんが変わり者で、叩かれているとします。でもAさんは過去に「経歴」を持っているとします。そこで、Aさんは自分が「経歴」を持っている人間であるということをその組織の人間に伝えます。そこで、大事なのはAさんは、自分を直接叩く人間に直接伝えるのではなく、まずは組織内の自分に優しい人間に伝え、ターゲットに間接的に伝わるのを じっと 待ちます。それは今度はAさんが傲慢な人間だと判断されるのを避けるためです。他人をとりあえずたたく人間は、人を表面的にしか判断しない人間が多いです。人を表面的に判断するのには「経歴」はうってつけです。Aさんは、自分を叩いていた人間が急に自分に対して優しい態度をとるようになると、全てを察し、いつも通りニコニコします。僕個人的な意見ですが、「変わっている」のと「ポンコツ」なのは全く違う意味だと僕は思います。

 「経歴」は変わり者にとって、自分を守る護身用具になります。「経歴」は僕にとって大切な『ユリゴコロ』(←『ユリゴコロ/沼田まほかる』から引用せていただきました。強烈な内容の本ですが、興味がある方は読んでみてください。)です。

 「経歴」をとるには基本的に学歴社会でも、スポーツでも、勝つということを意味します。僕は、高校時代、勝った時に強烈な快感を感じたことがあります。それを超えるものは未だに感じたことはありません。

 そろそろ、新歓期が終わりを迎えます。自分がなぜ今この組織に入ろうと思ったのかを考えたときに、船が好きだから、自分を護身するため、そして、もう一度あの感情を感じるためだ、という結論に至りました。

 また、今シーズンも頑張ろうと思います。最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

スポンサーサイト
COMMENT