<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 繧ィ繝ォ繧エ蟋九a縺セ縺励◆ | main | 成人式までスーツもつかな >>
もう六月

2年漕手の望月です。

最近F部屋のドアを開けると、小ちゃいころに嗅いだお父さんの寝室のような匂いがします。きっとうちの世代の二大年寄りがいるからでしょう。多目的時代はそんなことなかったのに…時の流れは怖いです。

6月3日には三商戦があります。数えてみると僕はこれで5大会目の出場です。それなのになぜか肩がが痛かったり、オールが綺麗に一枚入らなかったり、本当にボートは難しいです。

でもレースでの高揚感やオールが水を掴む感覚などボートは僕にとってすごい楽しいです。

でもこの気持ちは間違いなのかと最近悩み始めました。

僕が出場した4大会、7レースで1着はたったの一回だけです。レースケがスカスカだった軽量級の3日目、4日目。それでも変わらずマネージャーは総動員で動いていて、一年生もわざわざ戸田に来て応援してくれました。

去年の軽量級、ボートのことはなにも知らなくて大会の内容はあまり覚えていませんが、一つだけ鮮明に覚えていることがあります。白虎が3着でゴールしたとき、日本三位とかすごすぎると思って見ていた僕にある先輩が「日本一なれるとかいって新歓したのにごめんね、いいとこ見せられなかった」と言ってきたことです。エイトで軽量級三位なんて凄いことをやっときながら満足した様子も見せないその先輩を見て、これが一橋ボート部なんだと感動しました。

高3の夏に色んな年の新歓PVを見て、そのどの年でも表彰台に乗っている先輩たちを見て、それに憧れて自分もああなりたいとおもってここに来ました。

それなのにエイトCにも乗れず敗コロして、なにやってんだろうなーと思いました。それなのにボート楽しんで、タイム計測や会計、メシカン作りをしてくれるマネージャーやOB、監督、コーチに失礼やと思いました。

僕は僕が憧れた、スイープ種目はもちろん、スカル種目でさえインカレ最終日に残る、そんなHUBCの一部になりたいです。

そのためにはトップエイトだけでなく、僕たち下の方の漕手ががんばらないといけません。というか、自分が勝ちたいので頑張ります。

スポンサーサイト
COMMENT