<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< はじめの熱さ、夢を忘れない | main | イキリ男子高出身の僕 >>
ででででーん☆でん虫ことかなそうです

JUGEMテーマ:日記・一般

はじめまして!一年商学部の金森創です。

生まれてこの方かなそうとしか呼ばれたことないので、かなそうと呼んでください!

 

パクってごめんなさい()真面目に語ります。

僕は小中高テニスをやっていて、大学では新しいスポーツに挑戦しようと思って、バドミントン部に入部宣言しました。(ここ大事です。上級生集まった前で入ると断言しました。)ラケットもラケットバックも買い、バドミントンシューズも買いました。僕は練習にも参加し、バドミントンのやる気はMAXでした。そんな時、合法的な新歓であるクラチャンが開催されました。その練習で、某T先輩に強制的にエイトに乗せられました。そこで世界が一転してしまいました。あの水を切る感覚が忘れられなくなりました。そのあとバドミントンをやっている時も、どうも身が入らなくなりました。これじゃあダメだと思って、親の許可も取らずにボート部に入ることにしました。初期投資にかかったおよそ3万円はパーです。入ったことを親に伝えると、富士山が噴火したみたいな怒り方してました。ただ、散々噴火したあとに、「やるなら最後までやり切りなさい」と言われて、認めてくれました。わーい。

というわけで入部して現在に至る訳ですが、問題点は山積みであります。そもそもテニスは私立があまりに強すぎて、(正直1ミリも勉強しないでテニス練習しても勝てないくらい)で、地区に全国一位の学校があって勝ち進むことは絶望的で、はっきりいって皆モチベーションが低く、練習もめちゃくちゃハードだったわけではなかったです。そのせいか、気力、体力、筋力もろくについていないウドの大木が出来上がってしまいました。いまそれらのなさを切実に痛感しています。これから頑張ってつけていきたいです。

あと、中高は同年代よりも年上との方が仲が良かったくらい先輩と仲良くなるの速かったんですけど、何故か大学は全く喋れんくなってしまいました。入ったのが遅かったからかなーなんて自己分析してますけど、これからどんどん喋っていきたいです。掘れば掘るほど味が出ますよ僕は。

こんな感じで、おそまつですけど自己紹介を終わります。パッと見へなへなしてますが、ボートにかける気持ちは本気です。これから頑張っていきましょう!

 

 

スポンサーサイト
COMMENT