<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初めまして! | main | 臥薪嘗胆やぞ、俺! >>
松井沙妃について。

はじめまして、こんにちは。1年社会学部、漕手の松井沙妃です。

私は小1まで名古屋で育ち、小2〜小6は千葉県市川市で過ごし、中学生からは千葉県印西市に住んでます。小学校、中学校と地元の公立に通ったため、他の人よりは人間関係の構築を多めに経験しているにも関わらず、人見知りとコミュ障が治らず、むしろひどくなっている気がします。そんなわけで最初は猫を被るとは思いますが、頑張って目を見て話すようにするのでどんどん話しかけてください!

私は小学校まで、水泳と器械体操、市川市に引っ越してからはフットベースボールもやってました。フットベースボールは市川市発祥のスポーツで、ピッチャーが存在せず、ホームベースに置かれた、サッカーボール大のボールを蹴ることでプレーが始まる、野球のようなスポーツです。ななこのカラーガード同様に、フットベースボールも周りに知っていると言われたことがほとんどありません。中学校ではバレーボール、高校ではサッカーをやっていました。中学の頃は週1〜2で外周を走っていたのですが、高校では「女子でサッカーというスポーツを選択すること自体が大変なのに、練習がキツイという理由でサッカーを嫌いになってほしくない」という顧問の下、ランのメニューがほとんどなかったので、ただ走るだけというのは苦手です。高校時代、散々日焼けしたので、大学では、そんなにキツくないけど緩すぎず、日焼けしない、今までやったことのない、チームスポーツの球技の体育会orサークルに入りたいと思いました。でも残念ながらそんなに都合の良い団体はたぶんありませんでした。大学に合格すると、高校の友達の柴田さん、見角さんと一緒にごはんに行くことになり、実はその日にボート部のイベントあるから来てってなって試乗会に行きました。でも正直、試乗会では特にボート部には惹かれませんでした。しかしボート部の色々なイベントに誘われ、参加するうちに部員の皆さんが名前を覚えてくださり、優しくしてくれたので、ここなら自分の居場所ができると思いました。また、大学に入ったことで勉強は終わったと思ったので、大学でなにをしようかって考えたときに部活が残りました。実際、今までの人生の中で私には人に話すことができるネタがないと思いました。母は剣道の全中で準優勝していて、弟はバスケで去年インターハイに出ていて、今年も行く(行ってほしい)と思っています。父は15年くらい前にクイズミリオネアに出たことがあり、妹は幅跳びで県大会に出ていました。私は高校での、県ベスト4が最高ですが、別に私のおかげじゃないし、くじ運よかっただけだし、県全体で20数チームしかないし。そこで、人に自慢できるような実績がほしいと思いました。そして何より、大学で再会した高校の友達と離れたくないと思い、最後は勢いで入部しました。

私は今までの部活で、スタート時には割と人並み以上のことができたので、下ばかり見て、自分に妥協してきました。でも、そんな自分を変え、自分に打ち勝って常に上を目指していきたいと思っています。

これからよろしくお願いします!

 

スポンサーサイト
COMMENT