<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 心配ないさ | main | パーマはかけてません。天パなんです。 >>
「髪切った?」って言ってほしい派です

はじめまして、1年の崎山英理子(さきやまえりこ)です!自分の番になったら何を書こうかな……ドキドキ……と思いながら1年生のデイズを読んでいたのですが、皆キャラが文章に表れていてそれぞれ個性的だな〜と感心(?)してしまいました。皆みたいに個性豊かな文章はかけないですが、自己紹介を始めていきたいと思います!
私は中高6年間都心の学校に通っていて、朝の満員電車から逃れたすぎて一橋大学に入学しました。想像をはるかに超える田舎さで、最寄り駅が三鷹というと「すごい!都会だね!」扱いされる辺りに一橋クオリティを感じます。高校は女子高で、全てを許されるキャパの広い環境で育ちました。長所は喉元すぎれば熱さ忘れるところで、事実昨日あんなに食べたのに今は「マック余裕卍」マインドです。短所は口が悪いところですが、中身はそんなに悪くない(はず)なのでよろしくお願いします……
私は中学高校とバスケをやっていたのですが、大学生になっても部活動を続けるつもりは毛頭ありませんでした。ゆるゆるなサークルに入ってたくさん遊んでバイトして旅行行って、the・大学生みたいな大学生活を送りたいな〜と思って入学しました。でもどのサークルを覗いてもなんとなく違和感があって、自分がそこで心から楽しんでいる姿を想像できる団体がイマイチ見つかりませんでした。その後は体育会マネのつもりで団体を探していたのですが、結局「自分で動きたい!」と思ってボートに入ったのは勢い任せでした。この程度の覚悟でやっていけるかな…と最初はめちゃめちゃ不安でしたが、今はみんなに支えられてなんとか練習をこなしています。
入って1ヶ月程度の新米が偉そうかもしれませんが、ボートって鏡みたいなスポーツだなぁって思います。ほかのスポーツだと相手の弱みを攻める、とか相手を分析、とかあるけど、ボート部ではとにかく自分と向き合わなきゃいけないです。自分の弱いところとかできないことを考えたり、昨日の自分の記録をあと1歩塗り替えようと奮闘したり、否応なしに自分のダメなところを突きつけられます。それがめっちゃ辛いけど、自分を知る機会を得られたって幸運なんだ!と思って練習するようにしています。昨日の自分よりちょっとずつ強い自分になれるように、目の前の練習に向き合っていきたいです!ふつつか者ですがこれからボート部の一員としてよろしくお願いします!

スポンサーサイト
COMMENT