<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 神に感謝。 | main | 自己紹介 >>
初めまして

初めまして、法学部1年女子マネージャーの半澤奈々です

ボート部に入部して2ヶ月ほど経ちましたが、改めて自己紹介させて頂きたいと思います!

 

私は、中高は横浜市中区のフェリス女学院に通っていました フェリスは中高一貫の女子校で、外国情緒のある横浜の山手に学校があります 近くにはみなとみらい、元町中華街、山下公園などがあって、街の外観も雰囲気もとても綺麗だったのをよく覚えています キリスト教の学校なので毎日礼拝があったり、週1で聖書の授業があったりしました また、山の上の方に学校があるので、登校するのに毎朝約250段の石の階段、通称石段を登る必要があり、これを6年間続けてきたため、文化部に所属していても運動不足になることはなかったし、正直一橋は駅からキャンパスまでが平坦すぎて物足りないです 私は化学部に所属していましたが、化学部といっても複雑な化学式と葛藤したり、molの計算をしたりといったことは一切なく、白衣を着て実験を皆んなで楽しくする、といったアットホームな部活です ただやはり文系単科大学の一橋では驚かれることが多く、新歓イベントに行く度に私は理系じゃない、後期合格じゃない、化学は得意じゃないと何度言ったか分かりません…

 

中高を文化部で過ごしてきた私は合格した当初、適当に文化系のサークルにでも入ってバイトをして、今までと同じようなゆるい学生生活を送ろうかなあ、と漠然と考えていました しかし、それと同時に一橋でしかできないことに関わりたいとも思っていました 私がこう思っていたのは、やはりセンター試験での失敗があったからだと思います 私は小学校、中学校の受験がとても上手くいっており、正直受験において挫折というものを経験していなかったので、センター試験で失敗してしまった時は本当にショックでした しかし、この失敗があったからこそ、一橋に合格したと知った時は本当に嬉しかったし、今までの小学校、中学校の合格とは全く違う重みを感じていました そして、こんなに貴重な経験を通して入れた一橋なのだから、せっかくなら一橋でしか体験できないことがしてみたいと思いました 3月のお花見レガッタに参加したのは、正直気まぐれでしたが、一橋の艇庫を見学したり、部員の方々と話したりするうちに、とても一橋のボート部やボート競技が新鮮で魅力的に感じました

 

私が体育会に入部したことを私自身今でもあまり信じられないけれど、ボート競技、指導陣の方々や先輩方、そして同期の皆さんと出会えて本当に良かったと思っています

ご迷惑をおかけすることが多いと思いますが、マネージャーとして頑張りたいと思います!これからよろしくお願いします!

 

1年 半澤奈々

 

スポンサーサイト
COMMENT