<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自己紹介 | main | 君のハートにレボリューション☆ >>
理性より本能!

はじめまして!

社会学部1年の長谷部彩です。

 

私は公文国際学園という神奈川県の中高一貫校に通っていました。私の代が20期生なのでまだまだ歴史が浅く知っている人も少ないと思います。公文は「くもん、いくもん♪」のくもんです。中学生の時は朝学習として公文式をやるのが義務付けられてました。。

中高ではダンス部に入り、高2では部長を務めました。途中で1人男子が入ってきたのですが、それ以外女子という部活だったので、今ボート部で男女共にやっているのがとても新鮮です!小学生の頃からダンスを習っていて、中高でもダンス部に入ったので大学でもダンスをやりたいなと思っていました。高校生の頃からずっと入りたいと思っていた他大のダンスサークルがあって、そこに入ることを大学受験後の楽しみにしていたくらいです!

 

ダンスサークル以外考えていなかった中、合格発表の日に一橋大学に行って、そこでボート部の方に新歓されました。「たぶん入らないだろうな〜」と思いながら説明を受けてました。ボート部に惹かれはじめたのは、その後国立紹介ツアーに参加してからです。国立を紹介していただけるなら!と思って参加したのですが、先輩方がほんとにいい人達だし、なにより楽しそうで、まずその雰囲気に惹かれました!その後いろんなイベントに参加したのですが毎回ほんとに楽しくて、気づいたらダンスサークルへの熱が冷めはじめてました。

 

最後はボートか女ラクかですごく迷って、同じくその2つで迷った先輩方にたくさんお話をうかがいました。先輩方と話す度にボートに寄ったり女ラクに寄ったり、ぐらぐらしていたのですが、最終的に「本能でボート、理性で女ラク」という状態になりました。練習のハードさとか週5で戸田とか、いろいろ考えはじめたら女ラクの方が思い描いていた大学生活が送れるような気がしましたが、フィーリングではボートに惹かれていました。なんとなくどんな生活になるか想像できる女ラクより、自分がどうなっていくのか全く読めないボート部にワクワクしたのと、ボート部の先輩方のように芯の通った人になりたいと思って、最後は直感を信じてボート部を選び、今に至ります!ボート部を選んでよかったと事あるごとに思ってます。

 

練習は想像以上にタフですが、乗艇はすごく楽しいです!また同期のメンバーは個性豊かですが、数ある団体の中からボート部を選んだという共通項があって、根本は似た者同士が集まっていると思うのですごく居心地がいいし、同期がいるから日々の練習も頑張れています!みんなで最後まで高め合い、支え合っていきたいです!

スポンサーサイト
COMMENT