<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いつもぽーっとしてる人です。 | main | 変わらない想い >>
今日はいろんな人の誕生日です

はじめまして!商学部1年の小澤奈未です。平凡な人間ですが、自分は何者かについて書きたいと思います。

 

私は、東京で産まれました。幼稚園のときの記憶はあまりありませんが、小学生のときはゲームが大好きでした。毎日友達とどうぶつの森とかポケモンとかマリオカートとかやってました。あと、少年マンガも好きでした。特にONE PIECEと銀魂が大好きで、この前体育館で銀魂の主題歌が流れててちょっとテンション上がりました!

 

中学生になって、バドミントン部に入りました。私の中学校ではバド部はきついと有名だったので、同級生の女子1人で入部しました。男子も1人で、一個下の後輩も1人でした。練習はとてもタフだったけど、周りの人達に支えてもらって、引退まで思いっきりできました!

高校は、都立青山高校に入学しました。高校でもバド部に入りました。高校のバド部は同級生が23人もいて、中学とはまた違った楽しさがありました。団体戦では、チームの勝利がかかっているという責任感を学びました。

 

そして今年、一橋大学に入学しました。他にも言ってる人が何人かいましたが、私も高校生のときは、大学で体育会に入るなんて考えてもいませんでした。サークルに入って、バイトして、遊びまくる大学生活を想像してました。合格発表の日やサークル紹介でボート部の新歓を受けましたが、ボート部があるのかーってくらいの気持ちで聞いてました。しかし、サークルを見ても物足りなさを感じていた時、たまたま行ったボート部の中華コンパがすごく楽しくて、ボート部に惹かれました。その後も留学とかいろいろ悩んだけど、ボート部のことが頭から離れなくて、商東戦の日に入部しました。

マネージャーの仕事は、練習ではタイムを計ったりエルゴの撮影をしたりなど、他の人が聞いたら退屈だと思われるようなことかもしれません。でも、タフな練習もみんなで声出して真剣に頑張ってる同期を見て、いつも感動してるので、全然退屈だと感じたことはありません。料理はまだ分からないことだらけで全部先輩に聞いてしまっているので、自分が作ったって感じはしないけど、同期の子が美味しかったっていってくれたときはすごく嬉しかったです!いつか先輩方のようになって、堂々と自分が作ったって思えるようになりたいです。

 

これからボート部でいろんなことを経験して、四年後に自分も成長したって自信を持って言えるように頑張ります。最後まで読んでくれてありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

スポンサーサイト
COMMENT