<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日はいろんな人の誕生日です | main | リス保2回目の課題出ました。リスホ2回目の課題出ました。(大事なことなので2回…) >>
変わらない想い

「夏の意気込み(ボートでもプライベートでも可)」
このお題を見たとき、真っ先に思い付いたのが「皆が笑って終えられる夏にする」ということでした。(プライベートにおける意気込みは何も思いつきませんでしたごめんなさい笑)

 

私にとっての夏=2018seasonです。たとえシーズンの終わりが10月末だとしても私にとってそれは夏です。
1年生のころからずっと思い描いてきた「同期が金メダルをかけて笑っている姿を見る」という夢を実現できるのも、今年で最後。実現しないからには私の夏は終わりません。

 

今でもときどき思い出します。コダ練期最後の戸田練が終わって、同期みんなで荒川沿いを歩いていた時はじめて「この人たちと日本一目指したい、皆が金メダルかけて笑っている姿を見たい」と思いました。

その瞬間、いままで当事者意識を持てていなかった「日本一」という言葉が現実味を帯び始めました。自覚はないかもしれないけど、そんな気持ちにさせてくれて、そして今でもその目標を(いい意味で)忘れさせてくれない同期には本当に感謝しています。

 


確かに他大は強い。他大から見れば一橋なんて一つの国立大学に過ぎないのかもしれない。でもそんな他大からの評価なんて関係ない。私は誰が何と言おうと、今年の夏HUBCの部員が金メダルをかけて笑っている姿が見られることを信じています。

 

部員全員が心躍る挑戦をし続けられるHUBCでありたいですね。

 

 

4年MG 緒方奏

スポンサーサイト
COMMENT