<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1日遅れましたすみません | main | 外歩くのも暑い。ホームで待つのも暑い。スタディールームも暑い。あぁーーー!!!!! >>
我が人生

こんばんは、2年H組鈴木です。みなさんご存知かもしれませんが、僕は静岡出身で、今は親元を離れて暮らしています。親が近くに毎日いない今、これまでの人生の中で親に教わったことを、思い出すというか、再認識するというか、そういったことが多々あります。その中で、僕の考え方に大きく影響しているものをひとつ、最近再認識しました。それは、悪いことがあると次はいいことがある、人生はそういう波でできているんだ、というものです。

 

小さい頃、なにかしらでうまくいかないことが立て続けに起こって、家でもういやだとか、できるわけがないとか、絶望のどん底にいるような言動をとっていると、母がよく、そのうちいいことがある、と僕に言ってくれました。その頃は、言われても、いいことなんて起こるわけがない、といつまでもうだうだしていました。でも、悪いことが重なる時期といいことが重なる時期が繰り返すのは本当だったので、いつからか、絶望タイムに入っても、そのうち絶好調タイムがくる、時間の問題だと思えるようになりました。

 

自分の不備や力不足などを、そのうちいいことあるからと、ほったらかしにしておくのはよくありませんが、ずっと悲観的でい続けるのもよくないと思うので、絶望タイムに入ったら、一通り後悔して、次はこうしようと決めたら、あとは絶好調タイムを待つ。これが一番いい人生の送り方だと、僕は考えています。

スポンサーサイト
COMMENT