<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年の夏は浴衣着たいナァ | main | 「すべての道はボートに通ず」に一矢報いるブログ その2 >>
東都の流れって神曲だと思う
昨日同期とも話したんですが、ボートって走ると意識せずとも勝手にドライブ出るなって思います。別にこれは走っていないときにドライブ出さないのを正当化するわけではありません。ドライブ出さないと船動かないし。

クルーの息があっていいサイクルに入れたとき、自分がドライブを出すのではなく船にドライブを要求されているような感覚があります。船に「このまま走っていたいからもっとドライブくれ!」って言われているみたいな。きつい、サボりたいけどなんかサボれない。ドライブが勝手に出てしまう。端艇部の名の通りまさに船が主役となって、漕手は船に燃料を供給する奴隷に成り下がる感じか。はは、悪くない。悪くないよ。船の奴隷になるのは非常に楽しいです。
逆にうまくいかなくて船が走ってない状態のときはこっちがいくらドライブを供給しようが船は全く反応してくれません。この間はあんなに走りたい走りたい言って漕手をこき使っていたのに今日はうんともすんとも言わない。船にも○○モードがあるんですかね?おっと、失礼しました。

まあ下世話な冗談は置いておいて、どうやら一橋の艇庫にある全てのレース艇は優勝を所望しているようです。優勝するためには相当な燃料が必要になるらしいです。困ったことにその燃料は我々奴隷たちが供給しなければなりません。まあでも漕手なんて自らの命を削って船に尽くしたいドMの集まりだからそこは問題ないでしょう。ただ最近猛暑にやられてダウンする漕手が多いみたいです。僕も毎日やられそうになっています。我々奴隷が力尽きたら船の夢はかなえてあげられません。有能な奴隷になるために、ハードワークするだけではなく、

「しっかり食べてしっかり寝て、暑さに負けない!夏バテしない!」

以上!
時間のない人は最後の「」内だけ読むこと!
そしてどうやら僕は小説家にはなれない!


4年S組 湘南の貝殻ビキニ 伊豫田航 
スポンサーサイト
COMMENT