<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おもひで | main | 暑い熱い夏! >>
思いの丈を書かせてください。



突然割り込みでデイズを書かせていただきます2H組黒川尚暉です。今回割り込んだのはインカレに向けての抱負とかそういうのではありません。そういうものはここにわざわざ書く必要がない。そんなもの持っていて当たり前だからです。


今回割り込ませていただいた理由は同期の2年生に向けて言いたいことがあるからです。昨日の2000エルゴの後1時間くらい風呂場でぼーっとしながら思い立ちました。それでは内容に入りましょう。


ついに相模湖合宿も始まりインカレに向けて怒涛の練習の日々が始まります。チーム全体がインカレ日本一に向けてベクトルの方向性を一つにしていくことが大切なことは間違いありません。そんな中ですが、我々二年生にはさまざまな立場の人間がいると思います。対校エイトに乗る人、インカレに出る人、インカレに惜しくも出れなかった人、怪我で選考にすら参加できなかった人。本当に様々ですね。そうしたさまざまな立場の人間がいながら、食堂などでは和気藹々と笑顔で楽しく食事したり話したり。この代のとても好きなところの一つです。


僕には今年のインカレで優勝することとは別にもう一つ今年叶えたい、というか今年しか叶えられない夢があります。それは全日本新人選手権エイト優勝です。


新人戦は二年生が主力です。本格的にボートを始めて約一年。去年の新人戦はボートのことなんて何も知らない状態で臨んだ。でも今年は違う。冬場、シーズンイン、第二の冬場を乗り越えてきたからこそ確実に、大きく僕たちは成長した。そしてこれからインカレ、全日本に向けた練習の中でさらにもっともっと大きく僕たちは成長する。これが理想。


ぼくが特に言いたいのはここから。

インカレに向けた練習の中で、クルーの中でうまくいかないことや、技術面でダメ出しされて凹んだり、単純に暑さに負けそうになったり、モチベーションが上げたくても上がらなかったりすることがあるかもしれない。俺たちはまだ二年、精神的な未熟さはどうしても否めない。その時にどうか「新人戦で結果を出す!」という俺の夢に共感し立ち返ってほしい。どうかこの夏を無駄にしないでほしい。1ワーク1ワークをこなしているようではいけない。こなすはネガティブな発言。こなすんじゃなくて、、、なんだろう。良い言葉が見つからないので、ニュアンス的に伝えると、「戦ってほしい」自分と。一つでも多くの技術や経験を身につけて新人戦のクルーミーテの場に姿を現してほしい。

大事なことなのでもう一度言います。

この夏は絶対に無駄にしてはいけないんです!絶対に甘えちゃいけない!心の底から思ってることです。どうか僕の夢を一緒に叶えよう。それができると信じているからこそ今このデイズを書いています。

マネージャーもどんどん能動的に意見を言ってほしい。このままで新人戦で勝てるのか?と疑問を思ってほしい。艇庫で弱気な発言などあったら、その場の空気とか気にせず指摘してほしい。お願いします。


以上です。



P.S.割り込みデイズって意外と良いものだと思いますよ。思ってること吐き出しましょう。

スポンサーサイト
COMMENT