<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< この街には海がない | main | タイトル悩んでたら寝落ちした >>
おい、こっち見んな。夢みろよ。

新歓PVやMVなどで、表彰台の上でかつての先輩方が悔し泣きしているシーンがよく流れます。なんでこの人たち2位や3位で悔しがってるんだろうとずっと疑問でした。おそらくその前年も同じような結果で今年こそはもう一個上のステージへ、と優勝を目指していたからだと今は思います。

 

なんでも比べるのも無粋ですが、去年の一橋はほとんどのクルーが敗コロし、決勝へ行ったクルーは一つもありません。

 

各クルー「優勝」など高い目標、言うなれば最高目標を掲げていると思いますが、ぜひ僕は最低目標も定めてほしいなと思います。具体的に言うならば、「最終日進出」です。言わずもがなだと言われるかもしれませんが、今年と同じくらい本気で挑んだ去年はそれすらできなかったことを忘れてはいけません。どんなに調子が悪くても最終日にいけるくらい、練習ではボトムにこだわっていきましょう。

 

全クルー最終日進出する、強豪校からしたら小さなことでも今の一橋にとってはとても大きな一歩だと思います。そしてそれができると僕は信じています。スカル種目や女子部にとっては、未経験者だけのクルーが最終日進出することはそれ自体が難関であり、めちゃくちゃかっこいいことだと思います。さらにインカレに出場できなかった選手もOX盾で最終日に進み一橋の存在感を示すことができます。

 

 

僕は全員で最終日までインカレを戦い、楽しんでいきたいと切に願っています。そのためには今ボートに対して身体も頭もオールアウトすることが必要です。自分自身まだ経験のないFAの景色、表彰台からの光景を求めてなしフォアのみんなと奮闘していきます。そのためにもまずは死ぬ気で最終日に残ります。

 

 

最後にお願いです。特にマネージャー向けですが、結果に関係なくレースを終えた選手にはおつかれ!と声をかけてあげてください。特に最終レースです。なかなか声をかけづらいとは思うんですが、死ぬ気で2000m終えた後に言ってもらえる「おつかれ」は救われるし、とても嬉しいものです。去年最終日のレースを終えた後、誰にも声をかけてもらえずめちゃくちゃ寂しかったので。笑

 

 

それでは、最終日に会いましょう。おやすみなさい。

 

 

4年C組 白瀬景章

スポンサーサイト
COMMENT