<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< すっぴん8日目 | main | ちょっとした思い出話 >>
ある同期への檄文

僕はいま先輩とダブルスカルに乗っている。

毎ワーク迷惑かけてばかりだけど、そのぶん自分の漕ぎがどんどん改良されていくのを実感している。

インカレ本番までにどれだけ成長して、そしてどれだけ上に行けるか。想像するとワクワクが止まらない。

 

そしてふと思う。このワクワク感はインカレのクルーとして戦う者の特権なのだと。

だからこそ、この気持ちをお前にも感じてほしい。

わざわざ名前を呼ばずともお前ならわかるはずだ。

お前はそのお世辞にも強靭とは言えない体格で、並居る強敵に競り勝ってきた。

お前はボートとはパワーではなく感じるスポーツだと、圧倒的なタイムをもって僕に教えてくれた。

お前の後ろ姿が、僕のスカルを速くしてくれた。

 

そんなお前は、ついに明日戦いに臨む。

もはや多くを語る必要はあるまい。必ず勝ってインカレに出ろ。

そして一橋のスカルは強いのだと、僕たち2年生2人が別々の種目で証明しよう。

まずは明日だ。健闘を祈る。

 

(私事(?)をデイズに持ち込んでしまい申し訳ありません。2年C組磯谷一希)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3099
TRACKBACK