<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちょっとした思い出話 | main | C'mon baby 相模湖 電車乗り遅れると死ぬ >>
Our goals can only be reached through a vehicle of a plan, in which we must fervently believe, and upon which we must vigorously act. There is no other route to success.

今年の夏勝ちたい理由は大きく4つあります。キーワードは「女子部黄金時代」「見返す」「憧れの人に近づく」「感謝」です。

たくさんのモチベーションがあると色々な場面で頑張れるので楽しいです。

 

相模湖にいると特に強烈に感じるので四つ目について。「感謝」はマネージャーにしたいです。

 

HUBCのマネージャー組織はまじで最高です!本当に渾身的なサポートをずっとしてもらってきました。特に今年は新しい試みをして、その都度常駐や女マネには尽力していただきました。具体的に冬場の増量、相模湖遠征の実現、インカレ前のメンタルトレーニング、など、あとそれから毎日のメニューも男子部と変わったけど変わらぬビデオ、伴チャなど日々のサポート。 HUBCは漕ぐ環境が本当に恵まれています。そのほとんどは彼女彼らのおかげです。。。

 

もう一つ、まじで最高だと思う理由があります。それは私が最も尊敬している部分なのですが、常に組織に対してさらにどんなことができるか、プラスαで自分になにができるか、考えていてそれを実践しているところです。練習が肉体的に精神的に辛くて「自己完結」しちゃいがちな私は、少しでも部に良い影響を与えよう!って一生懸命考えてて凄いし実際に人を巻きこんでより良いチームを作っていてまじで最強だと思っています。

 

マネージャーだから当然だ、と思ってるかもしれないけれど、そんなことない。すごいことです。いろんなチームに自慢したいです。

 

でも、そんなマネージャーでも一生懸命サポートしても「結果」は出せないです。実際にレースで漕ぐのは漕手なので。だから私はずっとサポートしつづけてくれた人たちに、ありがとうの言葉じゃ足りないから、結果で返す。メダルで感謝を伝えます。

 

題名はピカソの名言です。

 

4年S組 直井夏織里

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3101
TRACKBACK