<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 絢辻さんは裏表のない素敵な人です | main | ガードの上からでも一発でぶっ飛ばすみたまんまスーパーヘビー級 >>
Zielony

こんばんは、2年S組の辻田みどりです。

今日は、人に話すと意外って言われるけど実は私が本当に思ってることについてだらだらと書こうと思います。本当に思ってるので、疑わないでくださいね🙂

予想以上に長くなりました。3ページ目にまとまってるので、時間なかったらそこ見てください!

 

 

私は今年のインカレ、W4̟+で勝ちたいです。メダルほしいです。金色のが欲しいです🥇

 

実は自分でも驚いてます。1年生の時は部外の活動で練習にいない時も多く、ボート一筋になかなかなれず、いつ辞めるんだろうと思われ。。。

そんな私がどうして今こんなに勝ちたいと思っているのかは、正直よくわかりません。でも勝ちたいんです。私の意識が変わった出来事として心当たりがあるのでそれについて。

 

今年6月の東日本選手権では夏織里さん(4S)となしペアに乗りました。

コーチと3人で目標設定したときに、かおりさんが「私はこのクルーで金メダル取りたい」って言ってたんですね。正直私はその時そんなに強い気持ちは持ってませんでした。だって今まで経験したレースは、予選も敗者復活も負けたことしかなくて、なにか「勝つ」って遠い遠い遠い存在でした。だから、練習の時からあまり他大のタイムとか気にしていなかったし、自分たちのタイムが練習を経て伸びていけば満足でした。

でも、2人しかいないクルーの中で相手が金メダルが欲しいと言っていて、その人は4年生で(私に比べれば)経験豊富だからテキトウに言っている訳ではなくて、その人にとっての最後のシーズンでもあるわけで、、、このままの気持ちの私が乗るのは失礼だなって焦りました。そしたらどこかからめちゃ勝ちたい気持ちが湧いてきたんです!!

私は流されやすいんですかね。

その前もこのクルーは楽しかったけど、それからもっともっと練習とかミーテとかが楽しくなった気がします。レース当日も普段は緊張でガチガチな私なんですが、はじめてワクワクしてました!結果は残念ながら金ではなかったけど、ちょっとラッキーなこともあって銅メダルがもらえました。運も実力のうち。自信と次へのやる気につながったと思います。

 

これはいい思い出です。

楽しい練習とワクワクしたレースと勝ちたいっていう共通の目標。

 

話はインカレW4+に戻ります。

初めは私が乗ることが信じられなくて、緊張して、お荷物にならないか不安で、勝ちたいという気持ちは持ち忘れていました。でもみんな勝ちたいって言っているの聞いて、少し勝ちたいという気持ちが芽生え始めました。また流されやすい私が登場しました。

このちょっとの勝ちたいっていう気持ちがどうやって成長したかというと、自分の立ち場を考えたことですかね。この中でダントツにパワーがなくて、エルゴが回らなくて、体重も増えなくて、経験も浅くて。。。だったらまずは気持ちだけでも追いつかないと本当にただの足手まといになる気がして。。(もちろん練習中の努力とか他にもやるべきことは山ほどありますが。。。)

これから私のこの気持ちがどこまで成長して、インカレにどんな気持ちで臨んで、どれくらいまで進めて、どんな思いをするのかは、乞うご期待ですね。

 

私の勝ちたいって気持ちは、所詮こんな流されやすさとネガティブな感情から生まれたものかもしれないです。でも、今勝ちたいって思ってるから今のところは良いと思います。

それで、いつかは自分と一緒に乗るクルーにもし私みたいなやる気の足りない人がいたら、やる気を増やす手伝いができる・一緒に勝ちたいって思ってもらえる人になりたいと思います。私はそういう人と一緒に乗れたおかげで前よりもワクワクして練習やレースに臨めそうな気がしているので。

やる気・勝ちたい→練習がんばる→雰囲気良くなる→練習楽しくなる→コミュニケーション増える→より良い練習ができる→タイムも伸びる→レースで勝つイメージができ始める→もっと勝ちたくなる→レースがワクワクする→結果が出る→自信がつく/悔しい思いをする→次へのやる気がもっと出る→・・・・・

っていう良いサイクルにはまればなあと思ってます。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3105
TRACKBACK