<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< デイズとラブレターは深夜テンションで書いちゃダメ | main | 感謝の言葉より“きれいにオール1枚入ってるドライブ”が見たい。 >>
もう一度、国立の星になりたい

 甲子園での秋田県立の農業高校の躍進に勇気をもらっている3年H組久富です。土着の公立がセレクション揃いの強豪私立を次々に倒していく様相は、ずっと私たちが渇望してきたそれと重なる気がします。

 中野紘志さんの代から続いてきたHUBCの流れを、昨シーズンの大敗で止めてしまいました。あの大敗があったからこそ、自分たちの取り組みを抜本的に見直せたし、ボートとの向き合い方も考え方も変わったと思います。

 この部が長らく遠ざかっていた勝利の喜びに、もう一度到達したい。

 私が受験生だった頃、先輩たちが日大をあと一歩まで追い詰めたあの頃、国公立の星と呼ばれていたあの誇りを、もう一度実現させたい。スポーツ推薦揃いの私大が強くてはつまらない。国公立大の躍進を、きっと全国のボートファンは望んでいるんだ。 

 

 今年の夏は、質の高いトレーニングを積み上げられてきており順調に過ごしています。艇速も出てきている。去年とは明らかに違う姿を早くお見せしたい。

 熱い思いを胸に秘めて、虎視眈々と勝利を狙っていきたい。いくぞ〜

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3108
TRACKBACK