<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インカレの終わり、次の挑戦の始まり。 | main | 奴隷船の奴隷! >>
指導陣とのコミュニケーションを推進したい

こんばんわ。

3年総務幹事の下川です。

 

MGブログから1週間もたたないうちにこちらの担当が回ってきてネタがないです。

インカレ直後なので積もる話もありますが、アツい話は4年生にお任せして自分は先週のお楽しみについて綴ろうと思います。

 

先日、季武監督補佐に戸田公園のサンレイチャにご飯に連れて行って頂きました。

名前ばかり聞きながらまだ行ったことがなかったので大変楽しませて頂きました。

学生コーチの方は通常の食事をされていたのですが、最近体を大きくすることに没頭している4年Yさんは大量の中華料理に舌鼓を打っていたようです。私もかなり食べてしまいましたが、何より目を見張ったのは季武監督補佐とサンレイチャのお姉さん(おばさん)の見事なショートコントでした。普段部員の前ではくだけた様子を見せながらもやはり毅然としたイメージが強かったので、楽しそうにやりとりする季武監督補佐が非常に印象深かったです。

 

少し先になりますが4年生は引退したらコーチ陣と楽しい会を催すというような噂を耳にしました。

大変おこがましいですが、現役(勿論成人に限る)もそういった機会があれば各段にコミュニケーションがとりやすくなるように感じます(間違いない)。今シーズンはキックオフミーテから個人のミーティングまで指導陣に多くの機会を頂いたことが理由でコミュニケーションをとっている部員が大半だと思います。今後はそういった機会を契機に自発的にコミュニ―ケーションをとる部員が増えればより魅力的なHUBCに近づくように思います。その契機としてそうした会を推奨します!

 

以上拙文を失礼しました。

 

 

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3122
TRACKBACK