<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新たな発見 | main | みんな急に最後感だしてくるじゃん? >>
今年結構痩せて顔も小さくなりました!
こんばんは。4年H組の多田です。
とうとう最後の日記がまわってきてしまいました。
まじめな事を書いてたら若干ネガティブになりました(笑)すみません。



この4年間を振り返ってみると、本当にいい経験が出来たと思います。
初めて本気でスポーツをして、その中でたくさんのことを知る事が出来ました。また、ボート部に入って初めて試合に勝つ楽しさや、試合に出られない苦しさ、勝てない悔しさを味わいました。

わたしは高一まではサッカーをしていましたが、運動音痴で公式戦にはほとんど出たことがありません。そのため、これまでの私にとっては自分が下手糞な事も、公式戦に出られないのも、練習試合で勝てないのも当たり前のことでした。サッカーを始めてから辞めてしまうまで公式戦には思い出出場くらいしかしたことがなく、心の中で自分が活躍するのは無理だとあきらめてしまっていたのだと思います。

大学に入って、スポーツをやる最後のチャンスとか運動音痴でも関係ないよと言われたこと、試乗会の楽しさに惹かれてボート部に入りました。
日本一になることが出来れば今までのスポーツ経験のいやな記憶を上書きできると思っていました。
入部から三年半が経ち、まだ日本一になったことはありません。全日本やインカレなどの大会で決勝に行ったこともありません。
ただ、ボート部での三年半はサッカーをしていたころの苦い記憶とは全く違うものになりました。
はじめて公式戦しかも全国大会に出場し、そこで相手と真剣勝負をすることが出来ました。負けた時の悔しさや自分の下手さへの不満やいら立ちも知りました。

それは本気でスポーツをしたのが初めてだったからだと思います。
自分でもできると信じて始めたから、真剣にボートに取り組むことが出来ました。
目標には届いていませんが、試合で勝つ経験も積むことが出来ました。

しかし最も貴重だったのは苦しい経験をたくさんしたことだと思います。
この三年半の練習には反省すべきところが多くあります。
冬場のしんどさに負けることが多すぎたと思います。長い距離をひたすらシングルやエルゴで漕いでいると日本一という目標よりも、苦しさや辛さが先に来てしまって、頭の中がそれでいっぱいになってしまいました。
成重にも書かれてしまいましたが、ボート部で自分のメンタルが弱いことを知りました(笑)
完全に克服することまでできれば一番よかったんですが、まだそれはできていません。でも少しずつではあるもののボートを漕ぐ中で確実に進歩はしていると思っています。
真剣に向き合うものがあったから、自分の欠点をいくつも見つけ、若干でも改善することが出来ました。


先日のインカレにはシングルスカルで出漕しました。
インカレに向けての練習は何とか距離の辛さに打ち勝ち、毎日ハードワークを重ねられました。技術的にも体力的にも大きく進歩した期間だったと思います。結果を残すことはできませんでしたが、これまでの自分からすこし進歩することが出来ました。
私がこの部で過ごすことのできる時間は残りわずかですが、まだ出来ること、やるべきことはたくさんあります。全日本のクルーはまだ決まっていませんが、まずはシートをつかむため、それから、最後は初めての決勝に行くためにこれからも一歩ずつ進んでいこうと思います。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、最後に明日の日記担当者の紹介をします!
明日の日記は
4年女マネで一番元気
いつもだれかと喋ってる
ゼミ飲み目撃されがち
のあの人です(笑)

どうぞお楽しみに!!



多田
















スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3131
TRACKBACK