<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NOBODY TRAINS TO LOSE | main | 止まった時間は夕暮れ >>
人生には3つの坂がある。一つめは登り坂、二つめは下り坂、そして最後は「まさか」だ

4年C組漕手の須藤裕人です。

とうとう最後の大会である全日本選手権まであと1ヶ月を切って、このブログを書くのも最後となりました。

色々と書きたいことはありますが、自分はそこまでうまい文章を書ける方ではないので、今約3年半のボート生活を振り返って率直に思ってることをそのまま書こうと思います。明るめの内容ではありませんがご容赦ください。

 

正直言って、自分はボートそのものがあまり好きではないです。乗艇の技術に関してはかなりの劣等生であるからです。「好きこそものの上手なれ」っていう言葉があるなら、全くあてはまらないですね。乗艇中の感覚もかなり鈍いほうで、フネを感じろとか言われてもポカンでしたし、奥田さん講習や先輩のアドバイスもよく理解できないことの方が多かったです。スカルの艇速は同期の中でも最下位を争うレベルでした。

自分のピースやスカルTTの結果が張り出されると、「なんで自分はこんなにダメなんだ」と毎回鬱状態で自己嫌悪してたし、スカルやペアを楽しそうに、そして速そうに進める同期や先輩が羨ましかったです。冬場のUTの度に「こんなにうまくいかないスポーツなんてすぐにでも辞めてやりたい」と冗談抜きで百億回くらい思いましたし、実際に漕ぐのが嫌になってもう辞めてやろうと思って長期のアウトとかも何回かしました。(今となっては恥ずかしい話ですが)

「あいつはエルゴだけ」「あいつはただのおもり」「あいつと同じクルーにはなりたくない」「あいつとレースに出たら勝てない」

口には出さないけど、多かれ少なかれみんなそんな印象を僕に抱いていたと思います。

そんな風に思われたくなくて、そんな自分が嫌いで、でも周りとの技術や艇速の差は広がる一方で……。部内でもたいした実力もない自分にとって「日本一」なんて言葉は現実味がなさ過ぎました。

ボートに対するコンプレックスを克服したくて、みんなを見返したくて、絶望的に才能がなくても(あるのは体重だけで)やっぱり勝ちたくて、振り返ってみればそんなのが僕の練習に対するモチベーションだったような気がします。

そんな僕でも、ここまでボート部を続けて来られたのは、月並みの言葉になってはしまうけど、やっぱり部員全員の「あたたかさ」のおかげなのかなって思ってます。

これまで信じられないほど濃密な時間を過ごした同期男子全員、よく一緒に昼飯を食うT田とIよだ、住んでる駅が隣同士でこんな俺を盟友とか言ってくれるS川、新人練習期にランの順位が毎回再開なのに加えて体幹が全然できない僕を応援してくれたWてさん、2年の時インカレと全日本で一緒に漕いでくれたK田さんとA沼、3年の時の冬場にスカルを見てくれたI崎さん、3年のインカレに一緒に出たK相さんとY太郎、そして出られなかった全日本の時に部活辞めるなと励ましてくれたY太さん、軽量級期にスカルを漕いでいた時に必死にセットを教えてくれたN江さん、今年のインカレ選考の時に色んな意味でお世話になったI辻さん、A美さん、M田さんをはじめとする多くの先輩とT永やSおりをはじめとする同期、そして相模湖からインカレまでありえない距離を一緒に漕いだエイトのメンバー、 ………

すみません、あげきれません。振り返ってみると本当に多くの方にお世話になったのだと改めて感じます。

これらの人のうちどの1人が欠けても、今回のインカレの銀メダルは🥈なかったと本気で思います。本当に多くの人に支えられてきました。この3年半でこの場において関わった全ての人にこの場でお礼を言いたいです、ありがとうございました。

ここまで書いてきて一つ思ったのは、「目の前の事に真摯に取り組む姿勢」が大事だったのではという事です。下手くそでもいい、不器用でもいい、かっこ悪くてもいい、失敗してもいい、目の前の壁を必死こいて破ろうとして、もがき、努力し続けることが大事なんだと。そういう姿勢を見せていれば、かならず誰かが見てくれているし、応援してくれる人も増える。手を差し伸べてくれる人も現れる。特に一橋大学端艇部は未経験者だらけの集団です。下手くそなのは当たり前です。体裁を気にせず勝利に向かってがむしゃらになる。そんな姿勢が今回のインカレの勝利を呼び寄せたのではないかと感じてます。

というわけで、次の全日本まで、ダサく泥臭く練習続けて、社会人や多くの強豪大学倒して優勝してやろうと思います。TVデビュー果たすつもりですので、応援よろしくお願いします。後悔のないように。最後の一漕ぎまで。

駄文でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

明日のブログ書く人を紹介します。

あさちゃんは、普段あんまり話すイメージはないけど、すごくボート部のことが好きで、本当に心から漕手に勝って欲しいと思っていることが行動からひしひしと伝わってきます。メンタル講習会に参加したり、心理テストを実施してくれたり、メンタル係としての仕事も一生懸命やってくれています。でも今年の相模湖ではUNO だったかEカードだったかで負けて、皿洗いしてましたね笑

あと一昨年くらいの某c鍋でのダンスも素敵でしたよ⭐今年はトルコ行進曲でも歌って欲しいな🎵🎵

ボート部愛をハンパなく感じるハートフルブログよろしくーー🎉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3134
TRACKBACK