<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「天才」になれなかった人へ | main | 前髪切られすぎて辛い (むり!かっこいいタイトル思いつかん!) >>
夢を超えた感情
サトーコーキ、紹介ありがとう。
お前が血のにじむような努力をしてきたことはHUBCの誰もが知ってるよ。
全日本で「偉人」に成り上がってくれ!!

さて、僕達4年生はHUBCの黄金期とも呼ばれる時代に入部しました。1年生の時に見た対校エイトは常に表彰台に上がっていて、本当に格好良くて、憧れでした。僕は3年前、「自分がエイトに乗って日本一になる」という挑戦にめちゃくちゃ惹かれてHUBCの一員になることを決意しました。練習がきついことも覚悟していたし、どんな試練もその夢のためなら乗り越えられる自信がありました。

しかし僕がこの4年間の怒涛のハードワークを乗り越えることができたのは、本当に「エイトで日本一」という夢のおかげなのか。今考えると、それは違うなと思うんです。入部した時の「エイトで日本一」という夢を超えるモチベーションが僕には2つあります。

1つは、共に夢に向かって挑戦した最高の仲間の存在です。家族でもありライバルでもある先輩、同期、後輩の皆がいたから頑張れた。これは部員の大半がそうなんじゃないかと思います。

そしてもう1つ。これが一番大きなモチベーションです。
4年間を通して僕はボートが本当に好きになりました。前をつかんだ時のサーフィンをしているような感覚、後ろを押し切れたときの「トンッ!」という感覚、リカバリーで船がぐーんと寄ってきた時の感覚。言葉にするのは難しいですが、とにかく船が走ったときのあの感覚がたまりません。乳酸すら心地よく感じ、いつまでも漕いでいたいと思えます。厳しい乗艇練習に臨むにあたって僕のモチベーションとなっていたのは「日本一」よりも、「ボート楽しい!」という気持ちのほうが大きかったんじゃないかなと思うんです。だから3年生のインカレでスイープから外れたときも、4年生の春にシートレースで負けたときも、落ち込みはしたもののモチベーションはそこまで落ちなかったなって。ボートを大好きになった僕の中では、「エイトで日本一」より「ボートが走った時の快感」の方がいつの間にか上回っていました。もちろん勝ちたいし、練習はいつも真剣です。でもそれ以上にとにかく僕はボートが楽しいんです。好きなんです。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、ボートを楽しめるようになってからの方が上達速度も速かったように思えます。最後の冬場のスカルUTは辛いどころか楽しくてしょうがなかったし、実際にT.T.のタイムも大幅に伸びました。そしてつい昨日もものすごく上達できる手がかりをつかんで凄く楽しかったし、上達しきる前に引退することが本当に惜しいです。

今週の木曜日から始まる全日本選手権、僕は舵手付きフォアで出漕します。入部当時に描いた「エイトで日本一」という目標はついに叶うことはありませんでした。もちろん悔しいです。でもいいんです。対校エイトに乗っているのは僕よりも確実に白虎を速く進めてくれる9人です。だから信頼できるし、心の底から応援できる。僕は与えられた場所で思いっきり楽しむだけです。今乗っているのは「凌雲」という船なのですが、僕がこの船で大会に出るのは6回目で、本当にお世話になっています。凌雲は本当に良い船で、走れば付きフォアとは思えないくらいすいすい進んでくれます。次こそはお世話になった凌雲に頂の景色を見せてあげたいです。というわけで全日本も心躍らせて攻めまくります!!


さて、4年生による日記リレーもいよいよ大詰め。男女両主将の出番が回ってきました。まずは女子部主将の竹田早織です。
普段の彼女は愛嬌があって、とても優しい人です。しかし、自身が怪我に悩まされている時期でも主将として1年間女子部をしっかりと支えてきた、強い一面も併せ持っています。あと丸い。

さおりん、よろしく!!


4年S組 一喜一憂の化身 伊豫田航
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3155
TRACKBACK