<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新体制 | main | 白帝 >>
使命

今年度、女子部主将を務めることになりました3年H組商学部の西尾友伽と申します。

4年生の先輩方が引退されいよいよ最上級生となったわけですが、正直まだ実感がありません。一年生の頃には想像できなかったけれど、ここまでの年月は本当にあっという間でした。

あと、10ヶ月。ずっと叶えられなかった夢を叶えるために残された最後のシーズンは、これまで以上に早く過ぎていくと思います。

最近、先輩方の最後のDAYSを読みながら、自分のモチベーションは何なのか、何のために勝ちたいのかについて考えていました。
1.2年生の時は、ひたすら「日本一を獲りたいから!」って言ってたけど、今はちょっと違う気がします。

「女子部って日本一目指す必要ないんでしょ」
「どうせ女子部は来年勝てないよ」
…上の代になっていくにつれ、こうやって女子部を主語にして言われることが、全部自分に対して言われている気がしていつもいつも悔しかった。
でも結果が全てだから。結果が出てない限り、女子部に対するそういう意見には反論の余地がない。それに、言われるってことは私たちにも非があるってことです。周りに比べて、私たちに足りないものは何か。謙虚になって自分たちを見つめ直すことも絶対に必要です。
それでも、やはりこの「女子部は負けて当たり前」という風潮、期待されてない感じがとにかく悔しかった。結果を残して、女子部を散々に言ってきた人達をびっくりさせてやる。 全部全部、バネにしていつか絶対見返してやる。
私のモチベーションはそういった"なにくそ根性"から来ている気がします。
振り返ってみると、苦しい時に浮かぶのは、自分がメダル獲ってる姿とかではなくて、言われて悔しかった言葉たちだった。

ここまで振り返ってみて、少し虚しくなりました。誰かを見返すために漕ぐって、頑張れるのかもしれないけど、結局根底にあるのは負の感情でボートを楽しむって要素が全然ない。
Japanなどで活躍する選手、インカレで結果を残した男子たちを見ていて受けた印象は、みんなボートが好きで、楽しくて仕方ないんだろうなということ。憧れの像を持っていて、キラキラした感情でボートに向き合っているんだろうなということ。

もちろん皆が皆私みたいに思って漕いでる訳ではありませんが、こんな負の感情を持って漕ぐ女子漕手は、私を最後にしたいなと思うのです。
後輩達が、憧れをもっと身近に感じられるように。日本一獲りたい、自分たちにもできるって信じて前向きに漕ぎ続けられるように。
この代で、女子部として結果を残せるようにすることは私にとって使命だと思っています。「強かった代」じゃなくて、「強くなり始めた代」になる。そして、私自身も、純粋にボートが好き、楽しいって感情を持って引退できたらなと思っています。

なんだか自分自身の話が多くなってしまいましたが、女子部一同頑張って参りますので、引き続きご支援ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

来週には新人戦があります。全日本と新人戦の間が短すぎてあっという間にレースが来たのを思い出します。でも言い換えれば停滞する間も無いので、ひたすら成長して勢いのあるままレースできてめちゃくちゃ楽しかったです。
二年生からは特に、この大会への思い入れの強さを感じています。皆にとって、今シーズンの集大成にふさわしいレースとなりますように。残りの時間、全力で駆け抜けてほしいです!応援してます!
以上です。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3160
TRACKBACK