<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 愉しさに浸れ | main | 最高を超える旅へ >>
ここが地獄じゃあるめェし

おはようございます。1年真次晃央です。

書いてたら後半から同期に向けたメッセージになりましたが、しばしお付き合いください。

 

昨日から全日本新人選手権が始まりました。1年生にとって初めてのレースであり、同期はみなワクワクドキドキしながらレースに臨みました。

さて、今回私はM8+Bのcoxをしてます。結果としては、5艇中4位でした。いやー、本当に悔しい。

僕たちM8+Bは準決勝進出を目指し、クルーを組み立ててから約2ヶ月間、必死にやってきました。はじめは準決勝進出なんて夢のように思えましたが、いつしか現実味を帯びてきて目標となっていました。

だからこそより一層悔しいのです。

 

 

1年漕手は昨日初めて2000mを漕いで、その長さや他大との実力差に絶望したかもしれない。

 

でも、まだ勝負は終わってない!これを読んでるM8+B!もう一回思い出してほしい!はじめはとっても艇速が遅かった俺たちが、メキメキ成長していって、ついには「おれたち1年クルーにしては速くね?」とか言うようになったのを!これを読んでる同期!もう一回思い出してほしい!国立練とか坂ダッシュとかの辛かったトレーニングを!すべてはこの大会のためにやってきたんだってことを!!

 

俺ら1年生の良さは、やっぱり元気なところだ。まだまだ勝負は続いている。ここは1年生らしくテンションぶち上げてドライブ出していこうじゃないか!ここで俺たちの底力を見せようじゃないか!!!

 

 

おまけ)M8+Bクルー紹介

#C 自分。小栗旬に似ていると言われたことがある。最近は宮川大輔に似ていると言われる。

#S 頼もしいストローク。恋もボートも真っ直ぐに取り組む姿は美しい。ごく稀にキレるが、その時はトマトみたいな顔をする。

#7 ウェイの巣窟、湘南で育った天パ。しかししっかりしたメンタルを持ち、漕ぎもエルゴも力強い。口が軽いらしい。

#6 みんな息を切らしてるレース中でも、唯一船の上で騒げる体力オバケ。さすがは昌平サッカー部出身である。だが、しばしばキレがちであり、特に旋回エリアでストフォアローばかりさせるとブチぎれるので要注意である。

#5 こちらもウェイの巣窟、湘南で育った男。自称隠キャだが、あくまで自称である。昨日の木伏のレースを見て泣くなど、なんやかんや芯のある熱い男。

#4 このクルー1番のトラブルメーカー。「セットをしない方がレッグで押せる」と言い張りcoxを困らせたのは記憶に新しい。しかし、書記能力はとても優れており、彼の書くノートは非常にまとまってて見やすい。そんな彼は、部内片想い中。

#3 このクルーで1番ユーモアがあって面白いやつ。クルー写真(HUBCホームページでぜひご覧ください)のポーズを発案したのも彼。彼女募集中。

#2 相模湖以来センスを大爆発させている猛者。たまにするボケが面白い。彼女と上手くいってるのかは不明。

#B 夏まではイキりキャラだったが、最近は落ち着いてきている。バウから元気出してくれるので、とってもありがたい存在。

 

 

個性豊かなクルーと共に残りのレースも全力で戦います。ご声援よろしくお願いします!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3169
TRACKBACK