<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アンダーアーマー | main | 冬場頑張らなきゃ >>
まわる まわるよ 時代はまわる

お疲れ様です。1年C組柳村多喜です。
タイトルは僕が小学校の合唱コンクールで歌った、中島みゆきさんの『時代』の一節です。歌詞がとても良いので、ぜひ一度聞いてみて欲しいですが、その中にこんな一節があります。

 

そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

 

僕はこの歌詞をいつも辛そうに生きている安齋君や、他の同期たちに送ります。今いるメンバーみんなで冬を乗り越え、春を迎えたいです。

ところで、僕は新歓幹部というものになり、来年の新歓について考える立場になったので、僕の新歓期について少し書こうかなと思います。僕が初めてボート部に興味を持ったのは、合格者宛てに送られる諸々の書類と一緒に入っていた、一橋の部活を紹介する小さなパンフレットからでした。そこに何が書かれていたかは忘れましたが、そこから興味を持ったのは確かです。そもそも、勉強とか留学とか、大学に入ってやりたいことは特になかったので、一橋に合格した時点で部活を視野に入れてはいたのですが、このパンフレットのおかげで、ずっとサッカーしかやってこなかった僕の中に大学スポーツという選択肢が増え、とりわけボート部が自分にあってそうだなと直感で思うようになりました。その後の部活・サークル紹介で想像していた通りにボート部の雰囲気が良かったので、その時点で入部の意思がほぼ固まりました。
結局何が言いたいのかといいますと、新歓はコンパがだけが勝負じゃなくて、小さなパンフレットがきっかけになることもあるってことです。希望の部門に入れた人も、そうでなかった人も頑張りましょう。
まだまだ冬は始まったばかりですが、頑張っていきましょう!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3183
TRACKBACK