<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まわる まわるよ 時代はまわる | main | 12月なのにぽかぽか >>
冬場頑張らなきゃ

僕は新人戦にシングルスカルとして出漕しました。六月頃からずっとシングルをやってきていたこともあり、またインカレでの先輩たちのレースを見てクルーボートに憧れを感じていたので、シングルで出ると決まった時は少し戸惑いもありました。そんな中シングルでの練習が引き続き始まり、中々船も安定せず、もっと選考のエルゴで頑張れていたらと考えたことも何度かありました。でも、KJさんや浪江さんに毎日教えてもらっている中で段々と水を掴む感覚もわかってきて、ピース出るようになりました。そして、周りの一年生にもすごく支えられました。小池とは毎日毎ワークいつも一緒にオンして、並べをし、一緒にお風呂に入って、一緒にご飯を食べてといつも一緒でした。そんだけ一緒にいるとたくさん気づかされることがあって、特に、小池はほんとにボートに真面目なんだなと自分を見つめ直すきっかけを与えてくれました。エイトのみんなも水上で出くわすと「木伏行くぞー!」とか色々声をかけてくれたりして、すれちがう時には真次を筆頭としたあのにぎやかな声かけ聞いて気合を入れ直してたりしました。ダブルのみんなや女子とも食堂で会えばくだらない話をして、みんな仲良くなったなぁと考えたりしました。そんな感じで日々は一瞬で過ぎ去り、ほんとにあっという間に新人戦がやってきました。めちゃくちゃ緊張するかなぁと思ったけれど、KJさんが面白いことを言いまくるせいで全然緊張しませんでした。レースも目標タイムに近いタイムも出せて嬉しい反面、追いつきそうも無い他艇のあの速さに衝撃を覚えました。ここは新人戦なのにこれだけ速いのならインカレ、全日本はどんなもんなんだろうと不安が生まれ始め、このまま普通にやっててほんとに自分はインカレでメダルや優勝という目標を引退までにほんとに達成できるのだろうかと最近考えるようになりました。タイムが出ないとすぐに技術のことばっか考えてしまうけれど、何よりもまず今自分に足りないものは身体の強さ・体力だなと改めて感じています。なので冬場は体作りを第1番の課題にして、インカレ優勝を目指すスタートラインに立てるようこれからの冬場を自分に負けぬよう頑張ります!

 

長々と読んでいただきありがとうございます。

文責 木伏健

僕は新人戦にシングルスカルとして出漕しました。六月頃からずっとシングルをやってきていたこともあり、またインカレでの先輩たちのレースを見てクルーボートに憧れを感じていたので、シングルで出ると決まった時は少し戸惑いもありました。そんな中シングルでの練習が引き続き始まり、中々船も安定せず、もっと選考のエルゴで頑張れていたらと考えたことも何度かありました。でも、KJさんや浪江さんに毎日教えてもらっている中で段々と水を掴む感覚もわかってきて、ピース出るようになりました。そして、周りの一年生にもすごく支えられました。小池とは毎日毎ワークいつも一緒にオンして、並べをし、一緒にお風呂に入って、一緒にご飯を食べてといつも一緒でした。そんだけ一緒にいるとたくさん気づかされることがあって、特に、小池はほんとにボートに真面目なんだなと自分を見つめ直すきっかけを与えてくれました。エイトのみんなも水上で出くわすと「木伏行くぞー!」とか色々声をかけてくれたりして、すれちがう時には真次を筆頭としたあのにぎやかな声かけ聞いて気合を入れ直してたりしました。ダブルのみんなや女子とも食堂で会えばくだらない話をして、みんな仲良くなったなぁと考えたりしました。そんな感じで日々は一瞬で過ぎ去り、ほんとにあっという間に新人戦がやってきました。めちゃくちゃ緊張するかなぁと思ったけれど、KJさんが面白いことを言いまくるせいで全然緊張しませんでした。レースも目標タイムに近いタイムも出せて嬉しい反面、追いつきそうも無い他艇のあの速さに衝撃を覚えました。ここは新人戦なのにこれだけ速いのならインカレ、全日本はどんなもんなんだろうと不安が生まれ始め、このまま普通にやっててほんとに自分はインカレでメダルや優勝という目標を引退までにほんとに達成できるのだろうかと最近考えるようになりました。タイムが出ないとすぐに技術のことばっか考えてしまうけれど、何よりもまず今自分に足りないものは身体の強さ・体力だなと改めて感じています。なので冬場は体作りを第1番の課題にして、インカレ優勝を目指すスタートラインに立てるようこれからの冬場を自分に負けぬよう頑張ります!

 

長々と読んでいただきありがとうございます。

文責 木伏健

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3184
TRACKBACK