<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ネタバレ注意!! | main | リア充って? >>
冬に聞くmol-74は激エモ

 

みなさん聞いてみてください。CD貸します。

こんにちは、3年H組の瀬戸琴子です。

今期初出席の経営組織論で小テストを受けほぼ白紙で提出しました。

単位が欲しいです。

 

最近某声優ラップバトルにハマっています。

むかしむかしのキモオタの血が騒いで大変に充実した毎日を送っています。

わたしは小学校高学年からの年季が入ったオタクなのですが、高校受験、大学受験あたりでオタク趣味から離れていました。あのときはなんであんなに熱中できていたんだろう…と昔を羨み、もうあんなに熱中することはないだろうと少し寂しく思っていました。

キモオタのオタの部分がすっかり抜けて、わたしはただのキモだったのです。

しかしまあ人の性根は変わらないもので、圧倒的推しに出会ったことにより、無事キモオタ復活を遂げました。好きって素晴らしい、なんでもできる気がします。

 

ここでお伝えしたいのはわたしがキモいことでもオタクなことでもなく、好きなものに対するエネルギーってとてつもないということです。

推しのためならあらゆる時間を駆使してバイトに勤しみ、お金を貯めて貢ぎますし、手間も時間もお金も頭もいくらでも使えるのです。そして推しを知って推しに没頭すればするほど、どんどん好きになっていくのです。

 

この1年、いろいろなことを経験しました。

わたしの中で激動の1年でした。

たくさん考えたしたくさん悩んで、そしてその分たくさんボートを、ボート部を好きになりました。好きになればまたその好きなもののために没頭できます。

好きという気持ちが持つパワーはすごいです。

もし今何かに悩んでいる人、動けずにいる人がいたら、日常の些細なところから好きを見つけて、それを自分の原動力にしてみてほしいです。好きがたくさん積み重なっていけば、たぶんもう逃げられなくなります。何からも。これは良い意味です。

 

今朝デイズ担当を知ったにしてはそれっぽいことが書けたのではないでしょうか、それでは。

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3202
TRACKBACK