<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アレクサー、1年生めっちゃ入る、新勧。 | main | 終わりよければすべてよし >>
夏と冬なら実は冬派

 

 

おつかれさまです!1年S組の崎山英理子です。何を書こうかすんごく迷ったのですが、ボートや部活に関することを書こうとするとメチャ重く暗くなってしまうと思ったのでどうでもいいことを書きます。

もうすぐ2018年も終わりますね……今年は激動の一年だった気がします。そんな私の2018年を振り返ってみました。

 

1月&2月 受験期。勉強してた。歴史的な寒さ(だった気がする)で大雪が降ったり大嵐で学校がなくなったり、非常事態が好きな私はわりとるんるんで勉強していた。

3月 一橋に受かった途端大学鬱がヤバくて新しい環境が怖すぎて行く前から「大学行きたくない〜」って言ってた。

4月 大学入学。まじ人見知りだから大学嫌いすぎてやばかった…どんな団体に入ろうか迷った末、何を考えたかボート部に入部。めっちゃノリで入った。めっっっちゃノリだった。(今となってはそのノリが来てよかった)
5月&6月 国立練期。授業のあとみんなでトラック走って筋トレしてプロテイン飲んで……わちゃわちゃしてて楽しかった。でも今は仲良い人もこの時は全然本性知らない人とかいて、振り返ってみるとちょっとウケる。男子校勢めちゃ女子にビビってたな〜
7月 インし始める。黄金の東棟期。東棟はほんとに無秩序で楽しかった。隣の瑞季の布団を侵食したりしながら、逆隣の彩のよくわからない洋楽のハミングを聞きながら悠々と過ごしていた。でも2:45起きは渋すぎて渋沢栄一だった。
8月 前代未聞(?)の長期オフ。めちゃめちゃ長かったのに特に何もせず終わった。同期遊びのラフティングも私だけ参加できなくてハブられてる説が浮上した(別にしてない)(行きたかった泣)(また企画しよう〜!)。
9月 相模湖。死ぬほど灼かれたし3回沈した。もはや沈しに相模湖行った説すらある。おかげで沈に対する耐性ついた。けど総じて楽しかった!みんなでひたすらトランプやった。大富豪メンで集まってナポレオンを普及させたい気持ちでいる。
10月 新人戦に向けひたすらスカルを漕ぐ。彩とスカル同盟を結成して1人乗りの孤独を慰めあって過ごす。同じくスカル組の木伏や小池との絆も深まる。

11月 新人戦。なんとか、本当になんとか2000メートルを漕ぎきる。本番、ポンドで孤独死するかと思ったけど死ななくて良かった。もうスカルはいいわ…って思ったけどむしろ冬場の方が漕ぐことを忘れてた。
12月 年末も変わらずUTして週2エルゴ。小池に「クリスマスまであと〇日」とカウントダウンされる以外は変わり映えのしない12月だった……でも組イベとかも始まってきてめっちゃボート部の一員!って感じられることが多くなって楽しかった!

 

 

振り返ってみると怒涛の1年でした。楽しいことも大変なこともありましたが総じてボート部一色に染まっていた感……2019年もそんな気がしてなりません。来年はなんせハタチになるので(!)さらにたくさん成長する1年にできたらなと思います。

 

長い上につまんなくてごめんなさい。でも本題はここからなのでまだ終われません。私の悲願(?)にしてみんなの念願(???)である1年女子漕手紹介をしたいと思います。同期男子に「そんなんネタ切れのときにしかやんないつまんないネタじゃない?」とか言われましたがやります。

 

彩:ハセベ・社会性・アヤの二つ名を持つ素晴らしきコミュ強。その実、大して面白くないことでいつまでも爆笑する驚異のゲラ。全く面白くないことでも笑ってるから私が面白い人間なのかと錯覚する。危険。スカルがめちゃめちゃはやい。一部の男子の間で「金森の時代のあと安齋の時代が来たが、次はaya時代ではないか」との噂がある(知らんけど)。一人称以外にこれといっていじるところが無いのが玉にキズ。最近の悩みは秋冬の取得単位数。

 

瑞季:頑張り屋さんでいい子なのは誰もが知るところだが、最近教養の足りなさが露呈してきてさきやまをざわつかせている内の1人。私のボケも彩のオチのない話もまいまいのマイペースもまついさきの食欲も、全てを懸命に拾い受け止めるさまはHUBCのリベロ。キャパのあまり、さきやまが彼氏にしたいボート部第1位の座に君臨している。(ちなみに第2位は内田早紀)本人は周りからスルーされがちで、心労がたたって白髪が生えてきた。まゆげの太さと情の篤さは比例する(さきやま調べ)。

 

まいまい:彼女をめぐってさまざまなパワーワードが生み出される、1年女子漕手のフラッグシップ。最近免許を取ったので教習所に通うことがなくなったにも関わらず、艇庫にいなさすぎる。ごはんを食べるのも速いので、食堂でまいまいに会えたら本当にラッキー!自他ともに認めるコミュ障で人見知りなまいまいと仲良くなりたい時はTWICEを歌ってみましょう。きっと踊ってくれるはずです。色黒をいじられるたび「地黒なのー!」と弁解しているが、誰も疑ってないから安心してね、まいまい。

 

まついさき:最年長にして精神年齢最年少、食べて動いて寝るを繰り返す、愛すべきサイ(1年女子漕手を動物に当てはめるトークでサイを自己申告する辺り推せる)。西尾さん横井さんラインを継承するH組のホープ。風呂が尋常じゃなく速い。ご飯も尋常じゃなく速い。人としてあるべき工程を6個くらいスキップしてるんじゃないかと不安になる。来年の新人戦ではコックスを務めるべく減量に励んでいる(??)が成果は芳しくない。立派な漕手である。最近、甘やかされて振る舞いがヤバイと苦情(?)を耳にするため、厳しくしつけていきたい所存。

 

 

こんな感じです。本当に長いのに読んでくれた人ありがとうございました。もうこんな長いデイズは書きません。次のデイズは二文字くらいにします。良いお年を〜!!!

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3211
TRACKBACK