<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 孤高のエルガー | main | ほいこーろー >>
地面が凍っていたら滑りに行く派

こんばんは。夏休み以来のブログです。季節は打って変わって冬ですね。昨日ついに艇が本格的に凍りました。冬生まれのせいか、寒さには強い方だと思います。ラッキー。

 

昨年の冬より漕いでいて楽しいです。昨年よりボートが好きになりました。だから昨年より艇が少し進むようになりました。

体育会の部活において強くなる人ってどんな人だろうって考えた時に、辛酸をなめろとか一理あるけどそれは正解ではないと思います。私はその競技をもっと好きになれた人が強いと思います。好きとか嫌いとか甘っちょろいって言われるかもしれないけど、自由な大学生活でわざわざ部活続けている時点で多分ちょっとは好きです。ちょっとはどこかに楽しみを見出しているはずです。

好きな人ができたらどうするだろうって考えます。その人のこともっと知りたいです。その人の近くに行ってもっと話したいです。そしたらきっともっと好きになります。基本的には押して押して積極的にいきましょう。でももし相手の反応が薄くて疲れちゃったら、押してダメなら引いてみろってやつで少し上手に距離をおくことも必要かもしれません。ボートとの向き合い方もこんな感じで良いんじゃないかなと思います。もっともっとっていう好奇心と向上心を持って、ボートに真正面から向き合って好きをたくさん注げたらなと思います。

 

なんて、さっき読んだ恋愛論に影響を受けた日記でした。

花には水を、人には愛を、ボートには、、、ボートにも愛を!!

 

2年C組小泉彩香

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3216
TRACKBACK