<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 1℃から17℃… | main | 当たり前って何だろう >>
オアズマンシップ

こんばんは。3年C組村田航輝です。

 

今日デイズあることを言われて適当に書いてて分かりにくいので最後の5行だけでも読んでくれたら嬉しいです。

 

最近というかこの3ヶ月くらいずっと、代表幹事、常駐マネージャーってなんなんだろうなって考えてます。

昔の代表幹事の方のデイズなどを読んだりしましたが、人によって本当に様々だなぁと思いました。

良くも悪くも常駐のマニュアルというのは長い歴史の中でそれなりにしっかりしたものであり、ボート部の人なら誰がやっても問題なく部を回すことができます。

なので、自分の付加価値というか自分がやる意味というのを見出しにくいなぁと、去年の今頃思ってて今も完全に見出したわけではありません。

だけど、1年間くらいマネージャーして見えてきたものもあります。

形に残る自分の付加価値といえば、マニュアルの改善とかですかね。去年のものを踏襲しながらより会費を多く集めるにはこうした方がいいというのを、自分で考えてそれをマニュアルに付け足すのは付加価値と言っていいですか。

あとは、新しく試みた制度が継続されるとか。2年くらい前から始まった増量班が今も形を変えて続いています。

形に見えないもので言ったら常駐の意識向上とか。僕がマネージャーになる前のことは憶測でしかありませんが、漕手により積極的に関わるようになったなぁと勝手に思ってます。

 

長々と分かりにくいこと書いて見返しましたが、意外と付加価値というか自分がやるからできることってあるんじゃないかなと最近思いました。

 

なので、これからも腐らずに頑張っていこうと思います。

 

あと、周りを見る力って役職を超えてどれくらいのことができるかってことだと思うので、役職に縛られずに頑張ります。そもそも代表幹事に枠組みがあるかは疑問ですが笑

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hubc.jugem.jp/trackback/3245
TRACKBACK