<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 頭からっぽ | main | くちゃくちゃ >>
逆チョコほしかった

日本一が自分の現実的な目標だと思ったことは、一度もない。

 

新歓期もそうだった。日本一への思いを熱く語ってくれた先輩たちはものすごくかっこよくてそれに惹かれて入部した。でも今思えばそれはしょせん他人事で、自分の未来がみえたわけではなかった。

 

MGが「全クルー日本一」という漕手よりも高い目標を掲げ、今までの取り組みを見直したり新しいことに取り組んでいることに水を差すつもりはない。ただ、日本一という目標を設定する前の段階で、自分は止まっていると思うだけ。

 

 

今年のシーズンを迎え仮に一橋が日本一を獲れても、獲れなくても、

 

今のままでは私は心の底から嬉しいとか悔しいとか思えないと思う。

 

自分はなにも成長できていないから。自分だけ止まったままチームが先に行ってしまったように感じるから。

 

それは艇速に直接関わることのできないMGという立場だからかもしれない。

 

この組織は本当にすごくて、私1人くらいなにもできない生み出せない人がいても少しも運営に困らない。言い換えればのうのうと生きているだけで4年間が終わってしまう。

 

それはもったいないよな、と思った。

 

チームの勝利を心から喜べるようにするために。嬉しい気持ちも(悔しい気持ちも)自分のこととして受け止められるようにするために。

 

まずは自分の成長を1番の目標にしたい。

 

その上で自分の成長がチームにとっての成長につながったら

 

それは私がこの組織にいる意味があったということになるんだと思う。

 

日本一を目指すことに隠れてしまいそうな大切なものを、見失わないようにしたい。

 

1年S組 今村優花

スポンサーサイト
COMMENT